Monthly Archives: January 2017

ビクトリア映画祭で日本の映画を上映

 

毎年2月に開催されるビクトリア映画祭ですが、今年も日本の映画が数本上映されることになっていますのでぜひ観にいってみて下さい。映画祭で上映される邦画は三本、そして邦画ではありませんが日系フィルムメーカーによる作品が一本。また、ビクトリア映画祭が所有している映画館The Vic Theatreにて今週末、アニメが一本上映されますので五本まとめてご紹介します。

Miss Hokusai (百日紅)

葛飾北斎の三女、お栄を中心に描かれる絵師の生活とまたそれを取り囲む人々の物語。原作は杉浦日向子の漫画ですが、2015年にアニメ化されました。

今週末、ダウンタウンのThe Vic Theatreで上映されます。

2017年1月6日(金)7:00pm

2017年1月7日(土) 4:00pm

2017年1月8日(日) 7:00pm

チケット $11 +ビクトリア映画祭の会費($2+GST、8月まで有効)

※注:19歳以上のみ入場可能です。

これ以下の作品は全てビクトリア映画祭での上映です。

ビクトリア映画祭の会費($2 + GST)が必要ですのでご了承下さい。会費は一度払えば8月まで有効です。

After the Storm (海よりもまだ深く)

「そして父になる」や「海街diary」など多くの名作を送り出してきた是枝裕和監督作品。阿部寛主演、そして是枝作品ではレギュラーの樹木希林、リリー・フランキーも出演しています。団地を舞台に、売れない小説家の主人公と、団地に一人住まいのその母親、別れた元妻とその息子。こんなはずじゃなかったと今を生きる家族を映したストーリー。(Wikipedia)


2016年 ドラマ 117分

2017年 2月 10日(金) 9:00pm The Vic Theatre

チケット $10.48

Suffering of Ninko (仁光の受難)

無名監督によるインディ映画なのに何故かバンクーバー映画祭ではソールドアウトし追加上演までされたという「仁光の受難」。庭月野議啓(にわつきの のりひろ)監督が 4 年の歳月をかけて作りあげた自主制作時代劇で、修行に努めたいのにとにかくモテまくってしまうことが悩みという僧侶(辻岡正人)を描いたコメディかつ怪談物語だとか。ビクトリアにもついにやってきます。楽しみ。

2016年 ドラマ 70分

2017年2月3日(金) 9:15pm  Capitol 6

2017年2月9日(木)9:45pm  Odeon 5

チケット $10.48

 

Tatara Samurai (たたら侍)

モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門で最優秀芸術賞作品を受賞した「たたら侍」
日本では2017年5月まで公開されないとのことで、カナダで一足先に見れるのも嬉しいですね。
EXILE HIROの映画初プロデュース作品だそう。戦国時代の奥出雲の村で伝統の継承を背負った青年が、様々な葛藤を経て真の武士へと成長していく姿を描き出した作品だそうです。

2016年 ドラマ・時代劇 135分

2017年2月4日(土) 9:00  The Vic Theatre

2017年2月12日(日)9:15pm  Silvercity

チケット $10.48

Mixed Match

そして、日本の映画ではありませんが、日系のフィルムメーカー、Jeff Chiba Stearns氏によるドキュメンタリー、Mixed Matchも是非観て頂きたいです。骨髄移植に関するドキュメンタリーですが、ハーフ等、いわゆる「Mixed」、混血の人になると適応するドナーを探すのがものすごく難しいそう。カナダは移民が多く「移民のモザイク」とよく言われますが、混血の人達が増えるほど、正確にマッチするドナーを探すことが困難になっていくようですね。ぜひできるだけ多くの方にドナー登録をして頂きたい物です。

ジェフさんは、数年前にもビクトリア映画祭にいわゆるハーフの子供達をテーマにしたOne Big Hapa Familyという映画で参加されていました。私もとても好きな映画です。前回と同じく、今回もアニメーションをふんだんに使った感動的な作品なようで、とても楽しみです。

2016年 ドキュメンタリー・アニメーション 96分

2017年2月3日(金) 6:30pm Capitol 6

2017年2月5日(日) 6:30pm Capitol 6

チケット $10.48

なかなか観れない日本の作品、この機会に是非チェックして下さいね。