Category Archives: 学校情報

Sterling College閉校

この夏に、オーナーが変わりStarling Collegeと名前を変え一新されたStewart Collegeですが、残念なことに今年いっぱいで閉校になるそうです。

バンクーバーにあるSterling Collegeはこのまま経営は続きますが、ビクトリア校閉校ということになるそうです。

現在ではもう新規の生徒さんは受け付けておりませんのでご了承下さい。

 

カナダのホテル・観光業界で働きたい方へ

学校の外のサインも名前が変わりました。

Stewart Collegeは、ビクトリアにて昔からアットホームな語学学校として親しまれていましたが、この度、オーナーが変わり、バンクーバーにあるCanadian Tourism College(CTC)に合併される形で、語学学校部門の方はSterling Collegeと名前を変え、CTCのビクトリアキャンパスという形で再スタートすることになりました。英語学習分門では今までと変わらずPower Englishやヘルスコーチや栄養学に興味のある方向けの特別英語プログラムLanguage for Nutrition an Healthを引き続き提供していきますが、今日は新しく加わったCTCのプログラムをご紹介したいと思います。

CTCは1980年に開校した、カナダでも最も古いツーリズムカレッジの一つです。バンクーバーとサレ−にキャンパスがありますが、今回850 Courtenay Street(元スチュワートカレッジ)にビクトリアキャンパスを開講しました。

ホテルや観光業界で働きたい人向けのプログラム

CTCでは大きく分けてTourismとHospitalityに関して学べるプログラムを提供しておりToursimは観光業(旅行、ツアー業、旅行代理店、航空会社など)、Hospitalityはホテルやリゾート、レストラン、クルーズ船、コンシェルジェなどの仕事に就きたい人向けのプログラムです。

プログラムは3ヶ月のサーティフィケートプログラム(修了証)、半年のディプロマプログラム(卒業証明書)そしてサーティフィケート又はディプロマ+Co-opというプログラムの4つのバラエティがツーリズムとホスピタリティで取れるようになっています。

このCo-opプログラムというのは、簡単にいうと「有給のインターンシップ」で、ディレクターのベンさんによると、「インターンレベルの給料ではなく一般スタッフと同じ給料」が出るのだそうです。もちろん、ワーキングホリデービザをお持ちの方でも参加できます。

授業は週3回で、ダウンタウンビクトリアのキャンパスで行われます。このプログラムはESLのコースではないので、一般のカナダ人生徒と一緒に受けることになります。CTC全体では留学生とカナダ人の割合は約半分とか。クラスは最低7人から最高では30人までだそうです。

留学生の場合、必要な英語力はIELTSのスコア5.5または同等のレベル。ディプロマプログラムは半年以上なのでもちろん学生ビザ(スタディパーミット)が必要になります。またカナダに移民している方の場合は、スチューデントローン(学費ローン)に申し込むことも可能です。

また、真剣にホテリエなどの仕事を目指す方でサーティフィケートやディプロマのひとつ上のレベルで大学で取れるバチェラー(学位)を希望する人には、CTCのプログラム終了後にロイヤルローズ大学への編入も可能で、確実に入学できる枠があるそうで、最初から大学に通うよりも早く終了できるのでおすすめです。

最近では英語+専門スキルを目指してカナダに来る方が増えていますので、ホテルや観光業界で働きたい人にはおすすめのプログラムです。

CTCビクトリアキャンパスの最初のクラスはこの9月25日からだそうで、特別キャンペーンとして9月25日からのコース(Hospitality and Resort Business Management +Co-opとTravel and Tourism Business Management +Co-op)に申し込まれる方全員に1000ドルの奨学金がでます。3ヶ月のサーティフィケートプログラムに申し込まれる方には500ドルの奨学金がでます。

9月7日にオープンハウスが開催されます。このオープンハウスでインフォメーションページにサインアップ(プログラムの情報申請)をされた方全員は入学金($200)が無料になります。こちらのオープンハウスは事前に予約が必要ですので参加を希望される方はメール下さい。

カナダのホテルや観光業界で働きたいという生徒さんは多いと思いますので、こちらの最新プログラムはかなり人気がでると予想されます。今日スタッフの方とお話しましたが、すでに6人程申し込まれているということで、プログラム自体は開講されることが決定しています。

ご質問、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ビクトリア大学の生徒とビジネスプランを作成しよう!説明会

先日、ユニークな学校としてご紹介したREVですが、この月曜日に、新しいプログラム、Uvic Business Plan Competition Projectの説明会を開催します。

このプログラムは、ビクトリア大学のビジネススクールの生徒さん達と共に、新しいビジネスを企画し、ビジネスプランを作成し、最も優れたビジネスプランを競うコンテストのプログラムだそうです。

週15時間、6週間のプログラムで授業料は$800。

普通の語学学校の英語の授業ではなかなか学べない、実践的英語とユニークな経験ができるものと思われます。現役カナダ人大学生と触れあえる貴重なチャンスでもありますね。

説明会ではさらに詳しい情報を聞いて、質問もできるそうですので、興味のある方はぜひご参加下さい。私も参加します!

場所: Real English Victoria (#301-1111 Blanshard Street)

*BlanshardとFortの角にあるSubwayの入っているビルの3階です。

日時: 2017年2月27日 午後5時〜6時半

ご質問、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

カナダボーディングスクールでのサマーキャンプ申し込み開始

去年もご紹介しましたが、今年もカナダの有名私立寄宿学校のSt. Michaels University School(SMUS)のサマーキャンププログラムの申し込み受付が始まっています。

このプログラムはInternational Summer Program for Yourh (ユース向け夏季プログラム)と呼ばれその頭文字をとってISPY(アイスパイ)と呼ばれる人気プログラムです。

英語を寮生活とアクティビティなどを通して集中して学ぶプログラムで、

8歳から11歳までのジュニアのプログラムと12歳から18歳向けの上級プログラムにわかれています。

期間は7月8日から毎週末開始で最低2週間から最長6週間まで、ご家庭の都合にあわせた期間を選べます。

料金に含まれるものは:

  • ビクトリア国際空港までの送迎(到着日が指定されていますのでお問い合わせ下さい。バンク-バー国際空港までの送迎をご希望の場合は別途料金が発生します。)
  • キャンパス内にある寮の滞在費
  • 毎日3食プラスおやつ
  • 生徒さんの興味と能力にあわせた英語クラス
  • 発音とアクセントを減らす特別講義
  • 放課後と週末のアクティビティ
  • 週末の一泊小旅行
  • 週ごとのフィールドトリップ
  • 参加する全ての観光地の入場料
  • 医療保険
  • キャンパス内での無料Wifi
  • SMUSからのおみやげ

となっております。

SMUSの担当者の方によると、毎日寮で一緒に過ごすので最初は人見知りする生徒さんも、プログラムが終わるころには家族のように仲良くなっているのだそうです。思い出に残る夏休みを、ビクトリアで過ごしませんか?

ルシッドコミュニケーションではこちらのプログラムの申し込み代行、そして未成年の生徒さん向けの後見人サービスも提供しております。

プログラム費支払いの締め切りは4月1日になっており、すでに数名にお申し込みをいただいております。興味のある方はお気軽にメール下さい。

ビクトリアで最も新しく、最もユニークな学校、REV

今日はビクトリアで最も新しい語学学校、REV (Real English Victoria)をご紹介します。2016年の6月にオープンしたばかりの学校ですが、ビクトリアの他の学校とはかなり違ったユニークなプログラムを提供していることで話題になっています。

グレッグ先生にお話を伺いましたが、彼は韓国や日本でも英語を教えてきたベテラン。彼によるとREVのほとんどの先生が外国で教えた(つまり彼らもその国の言葉を学んだ)経験があるとのことで、外国語を学ぶ大変さを実感している先生ばかりです。

こちらが教室の様子ですが、先生が前に立って、生徒が教科書を広げ、、、というクラスはまずないとのこと。「こういう風にミーティングみたいなセッティングでクラスをやることがほとんどだよ」とグレッグ先生。

またこの学校ではPBL (Project-Based Learning)というプロジェクトを通した学習を行っており、教科書で文法を暗記したり、テストのスコアをあげるための勉強よりも、様々なプロジェクトを通して実践的な英語を学ぶことを進めています。ちょうどお邪魔した今日は、料理ということで、生徒さん達が先生とキッチンでランチを作っていました。とても楽しそうです!

「カナダに来れば、現地の人達と話して、英語が上達する」と漠然と思っている生徒さんがとても多いですが、実際にカナダ人と話す機会を作るのは意外と難しいもの。REVで授業の一環として、学校のクリスマスの飾り付けを生徒で話し合って予算を作り、実際にお店に買い出しに行ってデコレーションしたりと、とにかく実践で英語を使う機会にあふれています。

他にも地元のビジネスコミュニティの人達がお話をしに来てくれたり、レジュメの書き方をコーチングしてくれたりととにかく実践できるスキルを楽しみながら学べるようになっています。

小さい学校ということもあり、雰囲気もとてもアットホーム。みなさんとてもフレンドリーで仲が良さそうです。グレッグ先生は「英語の上達には間違いをどんどんおかすことが大切と僕たちは信じているけど、REVだったら安心して間違いをおかしてそこから学べる環境になってるんだ」と仰っていたのが印象に残りました。

そして REVのもうひとつのユニークな点は、この学校自体がCo-opであること。先生達自体が学校のオーナーなので、生徒さんにとって最もよい学び方を常に提案してくれます。英語学習に関して、何か困ったことや問題があれば、それを相談してくれれば、1人1人にあったまるでカスタムプログラムのような解決案を提案してくださるそうです。

IELTSやCELPIP(カナダ国籍を取りたい人向け英語テスト)のようなテスト対策のプログラムもありますが、やはりおすすめはPBLのコースとPower Speakingというスピーキングのクラスだそう。特にPower Speakingでは生徒さんのスピーキング力がどんどん上がっていくのを何人も見たそうで、グレッグ先生も自信をもっておすすめするクラスだそうです。

さらに、各コースは15時間単位、または週単位で申し込むことができるのもユニークです。仕事をしている人や移民の人のために、週末や夜間のプログラムもあるのも嬉しいですね。

1人2レッスンの無料トライアルが可能だそうなので、興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。