小学生&親子留学サポート

school

最近は弊社でも親子留学、また18歳以下の未成年の生徒さんの長期留学のお問い合わせが増えてきました。

まず未成年者の留学ですが、BC州での成年にあたる18歳以下のお子さんの留学には現地でのカストディアン(後見人)が必要になって来ます。

このカストディアンに関しては先日書かせていただきましたが、学校の校長先生や、ホストファミリーがなってくれる場合もありますが、万が一の緊急の際のことを考えると、日本語の話せる後見人の方が安心、という方の為に弊社でもカストディアンの申請を承っておりますのでお問い合わせ下さい。

また親子留学で、ビクトリアの公立の学校に留学させる場合、ビクトリアの教育委員会の元にあるインターナショナル ハイスクールプログラム(VIHSP—ハイスクールとなっていますが小中学校もここで受け付けてくれます。)でほとんど全て担当してくれますが、親子留学の場合ですと住む場所の確保なども必要になってきますので、そういったお客様の為に、ビクトリアでの生活、そしてお子さんの入学手続きなど全て一括して弊社では承っております。

  • ビクトリア教育委員会への申し込みサポート、入学手続き代行
  • ビクトリアでのアパート、コンドミニアム、スイートまたはバケーションレンタルなどの物件探し、下見、写真送付、契約サポート
  • その他ビクトリアでの長期生活に必要なサポート(家具、携帯電話購入、銀行口座開設など)

などを承っております。

最近は法外な値段を要求する悪質なエージェントの話も耳にしますのでご注意下さい。ルシッドコミュニケーションでは良心的な値段でお世話しますのでまずはひとことお問い合わせ下さい

2 comments on “小学生&親子留学サポート”

  1. rikafujii Reply

    おはようございます。親子留学についてなのですが、小学生の子です。カストディアンについてなのですが、親が同伴の場合も後見人が必要となってくるのでしょうか?

    • Yukari Peerless Reply

      ふじい様、コメントありがとうございます。親御さんがカナダに同伴される場合はカストディアンは必要ありません。他になにかご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にメール下さい。

Leave A Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *