カナダのコーチングスクールで世界レベルのコーチと交流

 

先日は、日本のスポーツ振興センターのみなさんが、ビクトリアにあるカナダスポーツ研究所(Canadian Sports Institute)で開催された国際コーチングスクールに参加するためカナダにお見えになり、通訳をさせて頂きました。

カナダスポーツ研究所(CSI)は、世界クラスのオリンピックそしてパラリンピックのアスリートのためのトレーニング機関で、トップアスリートしか利用できないジム(一般の人用には別のジムがあります)や特別なリカバリー室があるほか、栄養士や理学療法士などのアドバイスも受けられます。また実験室もあり様々なスポーツや選手のデータを取ったり、最新スポーツ用品の開発などにも利用されています。

長期的なアスリートの開発にも力をいれており、オリンピックから引退したアスリートの次のキャリアに関する教育やアドバイスを提供するプログラムなどもあります。実際に、スタッフにはリオ五輪で銀メダルを取ったカナダのアスリートがオフィスで働いていました。

このようなトップアスリート向けのサービスとは別に、コーチや一般のアスリート(主に高校生)向けのプログラムもあり、今回お邪魔したのは国際コーチングスクールというプログラムでした。

いかにして選手のやる気を出させ、安全にそして効率よく結果をださせるかというのがコーチの役目だと思いますが、この国際コーチングスクールではさらに倫理的な問題にどう対処するか、ドーピングを防ぐには、競技力をあげるにはどうするか、パフォーマンスの心理学、ケガの予防と回復など様々なトピックでのクラスが提供されます。参加者はカナダ中から集まったコーチや引退したばかりのアスリートで、今後コーチとして活動を希望するというカナダのオリンピック選手もいました。

スケジュールはかなりタイトで、丸7日間朝から夕方までびっしり詰まっていましたが、様々な講師の方のお話も面白く、グループで話し合って発表したり、ロールプレイをやったり、時にはジムやスタジオで実際に器具を使ってみたり、実技的な部分もありました。集まったコーチのスポーツも、小学生のサッカーのコーチから、ラグビーはもちろんアルペンスキ−、スカッシュ、バスケットボール、フェンシング、テコンドー、車椅子バスケットボールなど様々なスポーツそしてレベル(地域のチームから、オリンピックなどの国際レベルまで)が集まり、非常に興味深い話を聞くこともできました。

国際コーチングスクールでは日本からの参加者も歓迎とのことで、今回私達が参加したグループ以前にも、個人で参加された日本人の方が数名いるようです。

コースを終了すると、終了証書がもらえ、さらに上のレベルに興味のある方には二日間の上級クラスもあります。

次回の開催は来年ですので、興味のある方はお知らせ下さい。

Leave A Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *