ルシッドコミュニケーションはカナダ・ビクトリアの留学エージェント、コンサルティング会社です。

Morioka Students Visit City Hall: 盛岡大学の研修生ビクトリア市長訪問

ビクトリアの市長のDean Fortin氏とは日頃から仲良くさせていただいているのですが、今回は盛岡大学の生徒さん達のビクトリア春期海外英語研修のみなさんが市長を訪問される ということで私もお邪魔してきました。日本からのお客様がおみえになる際はよくこのように通訳としてお声がかかります。

ビクトリアは数日前に雪が降り、珍しく20センチほど積もりました。今も雪が沢山残っています。

ビクトリアにしては珍しいことなので、「盛岡の生徒が日本から雪を持ってきた」などというジョークも聞かれました。

ビクトリアのFortin市長は、いつお会いしてもとてもフレンドリーで、生徒さん達とも積極的に会話をしていました。私にもよく「○○は日本語でなんて言うの?」と聞いてくる、熱心な生徒です。:)

研修の詳細については盛岡大学のサイトをご覧下さい。

生徒さんが帰られたあと、市の職員のみなさんと、去年9月の市の盛岡訪問のDVDを見ましたが、とても楽しそうでした。

最後の写真は雪の積もった桜の木。ビクトリアの桜(または梅?)は交配がすすんで日本の桜とは違って1月末に花が咲く種類のものも沢山ありますが、これはダウンタウンのベイセンターの前の桜。雪が積もって寒そうです。

これがビクトリアのこの冬最後の雪になってくれれば良いのですが。。。

Be A Tourist In Your Own Hometown

ビクトリアではこの時期になると毎年恒例のイベント、Be A Tourist In Your Own Hometown が2011年3月2日から6日まで行われます。

これは、名前の通り、自分の街で観光客になってしまおう、というもので、夏と違って比較的暇な観光業界を利用して、色々なビクトリアのアトラクション、レストランを割引料金で利用できる、というものです。

毎年人気があるのはエンプレスホテルのアフタヌーンティーが半額で楽しめるものや、ホエールウォッチングが2For 1料金だったり、Ziplineも割引料金で体験できます。観光客向けのアトラクションが年に一度割引料金で楽しめるので、お得です。

チケットは税金込みで1枚$10.50。4枚まとめて購入すると1枚無料で付いてきますので家族連れにも便利ですね。

チケットはダウンタウンのTourist Visitor Center やThrifty Foods スーパーなどで購入できます。

詳細はこちらのサイトをご覧下さい。 http://www.attractionsvictoria.com/

Elkington Forest

ビクトリアから車で約1時間のところにあるLake Cawichan近くに、非常にユニークなプロジェクトが進行中です。

Elkington Forestというこの森は、エルキントン博士一家の私有地でしたが、最近、この森の沢山の生態系を救うために、この1000エーカー(約40平方キロ)の森のごく一部を、自然に影響を与えない程度に利用して、ヨーロッパ風の村を作ろうというのです。

先日このプロジェクトのリーダーであるDougさんに実際にお会いして話す機会があったのですが、すごいのは、実際にこの森で採取した木を使ってこの森の中の土地にTimber Frame(木骨造り)のコテージを造っているということです。

ウェブサイトに行って写真を見てもらえばよくわかると思いますが、本当に美しい森です。こんな森の中に住むことができたら素敵だと思いませんか?

このプロジェクトが一般の建設計画と違うのは、すべてが自然保護を念頭に置いて計画されており、敷地内の浄水施設、太陽発電、土地の自然な状態を尊重した景観、共同菜園などエコな生活が可能ということです。

Dougさん曰く、日本のお客様には特別ツアーとしてハイキングツアーもアレンジできるよ、ということですので、ビクトリア方面においでになる際は是非ご連絡下さい。

http://www.elkingtonforest.com/