Tag Archives: カナダ

カナダのコーチングスクールで世界レベルのコーチと交流

 

先日は、日本のスポーツ振興センターのみなさんが、ビクトリアにあるカナダスポーツ研究所(Canadian Sports Institute)で開催された国際コーチングスクールに参加するためカナダにお見えになり、通訳をさせて頂きました。

カナダスポーツ研究所(CSI)は、世界クラスのオリンピックそしてパラリンピックのアスリートのためのトレーニング機関で、トップアスリートしか利用できないジム(一般の人用には別のジムがあります)や特別なリカバリー室があるほか、栄養士や理学療法士などのアドバイスも受けられます。また実験室もあり様々なスポーツや選手のデータを取ったり、最新スポーツ用品の開発などにも利用されています。

長期的なアスリートの開発にも力をいれており、オリンピックから引退したアスリートの次のキャリアに関する教育やアドバイスを提供するプログラムなどもあります。実際に、スタッフにはリオ五輪で銀メダルを取ったカナダのアスリートがオフィスで働いていました。

このようなトップアスリート向けのサービスとは別に、コーチや一般のアスリート(主に高校生)向けのプログラムもあり、今回お邪魔したのは国際コーチングスクールというプログラムでした。

いかにして選手のやる気を出させ、安全にそして効率よく結果をださせるかというのがコーチの役目だと思いますが、この国際コーチングスクールではさらに倫理的な問題にどう対処するか、ドーピングを防ぐには、競技力をあげるにはどうするか、パフォーマンスの心理学、ケガの予防と回復など様々なトピックでのクラスが提供されます。参加者はカナダ中から集まったコーチや引退したばかりのアスリートで、今後コーチとして活動を希望するというカナダのオリンピック選手もいました。

スケジュールはかなりタイトで、丸7日間朝から夕方までびっしり詰まっていましたが、様々な講師の方のお話も面白く、グループで話し合って発表したり、ロールプレイをやったり、時にはジムやスタジオで実際に器具を使ってみたり、実技的な部分もありました。集まったコーチのスポーツも、小学生のサッカーのコーチから、ラグビーはもちろんアルペンスキ−、スカッシュ、バスケットボール、フェンシング、テコンドー、車椅子バスケットボールなど様々なスポーツそしてレベル(地域のチームから、オリンピックなどの国際レベルまで)が集まり、非常に興味深い話を聞くこともできました。

国際コーチングスクールでは日本からの参加者も歓迎とのことで、今回私達が参加したグループ以前にも、個人で参加された日本人の方が数名いるようです。

コースを終了すると、終了証書がもらえ、さらに上のレベルに興味のある方には二日間の上級クラスもあります。

次回の開催は来年ですので、興味のある方はお知らせ下さい。

グレーター・ビクトリア公立図書館

グレーター・ビクトリア公立図書館

今日はビクトリアのダウンタウンにある公立図書館のご紹介です。

図書館の使い方を知らないという人は居ないと思いますが、最近の図書館は進化していて、とても便利ですね。

グレーター・ビクトリアエリアにはダウンタウンのセントラルライブラリーがあり、これが一番大きな図書館ですが、その他にも9つ支館があります。

私はダウンタウン付近に住んでいるので、このセントラルライブラリーがいわゆる「マイ図書館」ですが、金曜日を除く平日は9時まで開いているので便利です。日本語のセクションもあり、マンガなども置いてあります。

グレーター・ビクトリア公立図書館 日本語セクション

1枚の図書カードで普通の本やCDなら21日間借りられ、2回まで延長が可能です。留学生の方でも、ビクトリアに半年以上滞在する人であればカードを作る事が出来ます。

最近は自分で借りたい本をチェックアウトできるので、バーコードをピッとやるだけでOKです。

カードの使用にはPINという4桁の暗証番号が必要なので忘れないようにして下さい。

グレーター・ビクトリア公立図書館 チェックアウト

借りたあとはオンラインで自分の借りた本の返却期限を確認したり、次に借りたい本をチェックしたりすることもできます。また、アプリもあるのでスマートフォンを持っている人には便利ですよね。

セントラル図書館前のエリアは天気のいい日にはランチの時間に近くのオフィスの人達がでてきてお昼を食べたり、読書している光景はよく見られます。

グレーター・ビクトリア公立図書館

また、バイオリンなどの小さな野外コンサートが行われることも多く、市民の和みの場所とも言えるでしょう。

是非機会があれば利用してみて下さい。

カナダでパーソナルトレーナー、栄養士の資格を取る?

ビクトリアも桜の季節になってきました。まだ例年より肌寒い気がしますが、今週末はイースターのロングウィークエンドで、旅行に行ったり、家族とイースターの食事をするのを楽しみにしている人も多いでしょう。

BC州、特にビクトリアは健康に関心のある人が多いです。できるだけ地元で取れる野菜や果物を、ファーマーズマーケットなどで実際に育てている人から直接購入し(ベジタリアンだけどは限りません。鶏肉や牛肉も地元の業者から購入することができます)、車をあまり使わず自転車や徒歩で移動する人も沢山います。

1年中比較的温暖な気候なので、雨さえ降っていなければ(いや、降っている時でも!)ジョギングしている人はしょっちゅう見かけます。
その他にも食生活ではベジタリアン、ビーガンの人も多いですし、健康食品を取り扱う店もいつも賑わっています。全体的に健康食品に関する知識のレベルが高いと思います。
エクササイズに関しては、ヨガ、ピラティスといった定番ものに加え、ベリーダンスを取り入れたベリーフィット、ズンバ、グルーヴといったダンス系のカーディオエクササイズも人気です。

という訳で、ルシッド コミュニケーションでは、ビクトリアに留学・ワーホリでお見えになる方の為に、特別にフィットネス/栄養コンシェルジェのサービスも開始しました。カナダで英語を勉強し、さらに栄養やフィットネスのことも学びたい、という方におすすめです。
ビクトリアでBody Karmaを経営されるレアード可奈さんは、カナダで認定を受けたサーティファイドパーソナルトレーナー、そしてホリスティック栄養士です。
留学、ワーホリ中にカナダで様々なフィットネスクラスを受けてみたい方、また将来カナダに移住してパーソナルトレーナーや栄養士の資格を取りたい方、もしくは単にカナダに住んでいる間でも健康に気を使いたい、という方におすすめです。

詳細はメールでお問い合わせ下さい。

日本の被災者の為のカナダ留学プログラム。ホープ・プロジェクト

東日本大震災が起こってから9ヶ月が経ちますが、未だに、被災者の方々の生活が元通りになるまでは、まだまだ長い時間がかかりそうです。

地震や津波での直接の被害を受けていなくても、原発事故のおかげで避難されている、または避難を考えている方も多いようですね。

そんな方々の為に、在日カナダ大使館の「日加リーダーシップ基金」が、(株)サマンサタバサジャパンリミテッド、ランゲージズカナダ、エアカナダの特別協賛を得て、ホープ・プロジェクトというプログラムを設立しました。

これは今後の復興の要となる被災地の若者に、カナダ留学を通しグローバルな視野を持ってもらい、将来世界に羽ばたく日本の希望になってもらおうと企画されたもので、被災した150名の若者(15歳から30歳)に往復航空券と1ヶ月の語学研修、そしてホームステイまたは寮での滞在、留学保険が無償で提供(注)されます。募集は7月22日(金曜日)にカナダ大使館の公式ウェブサイトで開始し、今秋10月10日から留学が可能です。ランゲージズ・カナダ加盟のカナダ国内の21校もの学校が授業料と宿泊(ホームステイか寮)を、その賛助会員のカナダの保険会社(Guard.me)が旅行保険を無償で提供、エアカナダは特別航空運賃を提供します。そして特別協賛のサマンサタバサの1500万円の寄付により、無償でこのプログラムを提供できることになりました。サマンサタバサの寺田和正代表取締役会長兼社長は自らもカナダ留学経験者であり、現在のビジネスはその経験から影響を受けて始めたそうです。また、日加リーダーシップ基金の発足時からの支援者であったことから今回カナダ大使館とのプロジェクトが実現しました。

注)1ヶ月150名分の往復航空券、授業料、宿泊施設の提供は確保されていますが、応募者の選択により、留学期間の長短や、宿泊の無償提供等は変更になる場合があります。例えば150名分(21校)以外にも授業料のみ無償提供を申し出ているカナダの学校が9校あり、それらの学校を選んだ場合、宿泊は自己負担となります。

(在日カナダ大使館のサイトより抜粋)

弊社、ルシッド コミュニケーションでも、このホープ・プロジェクトに関するご相談を承ります。もちろん、相談のみですと無料ですし、上記のプログラムを通じて正式に渡加が決まった場合は航空費、授業料(またはさらに宿泊費も)無料になりますので、弊社から料金を請求することはございません。

もし、宿泊先を探すことが必要な場合は通常料金の半額でホームステイ先をお探しいたします。

ホープ・プロジェクトに関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

ビクトリアにこんな日本風の家があったなんて。。

先日、ビクトリアの不動産業者であるカレンさんから連絡があり、非常にユニークな日本風の家が売りに出ているので、是非見に来てくださいとのこと。

Ceder Hill ゴルフコースを見下ろすカルドサック(行き止まりになっている道)にあり、瓦葺きの屋根など、外見からすでに日本家屋風。

玄関には靴箱もあり、入ったとたん日本の誰かの家にお邪魔しているような錯覚を覚えます。

カレンさんにお話を聞いてみると、この家を売りに出しているオーナーさんの故夫人が日本の方だったそうで、畳、障子、掘りコタツ、日本庭園、床の間とカナダにしては本格的な日本家屋になっています。

5000スクエアフィート(約140坪)の大きな建物で、日本風になっているのはメインの階の一部だけなのですが、一般の人に売って、日本式の部分を取り壊されてしまうのはあまりにも惜しい、ということで、できれば日本風の部分をそのまま使っていただける買い手の方を探しているようです。

下の階にも沢山の部屋があり、古いので改装は必要だと思いますが、ゲストルームにしたり、留学生をホストしたり、何かの教室に使ったりなど、色々な使い方ができる非常にユニークな物件だと思います。本当は、日系のコミュニティセンターのようなものとして使えたら良いなあ、と私は個人的に思ったのですが、どうでしょうか。

カレンさんのお手伝いをしておりますので、この家を見学したい方は是非ご連絡下さい。通訳が必要な場合は私がご一緒します。

ちなみに、お値段は$779.000カナダドル(約60,482,440円)です。