Tag Archives: ビクトリア映画祭

2018年ビクトリア映画祭で観れる日本の映画

毎年お知らせしていますが、今年もビクトリア映画祭が2月2日から11日まで開催されます。毎年楽しみなのが、レアな日本の映画が観れること。今年は4本上映されます。早速、今年のビクトリア映画祭で上映される日本の映画をご紹介します。

光 Radiance

BC プレミア

監督: 河瀬直美

2017年

上映時間: 101分

映画祭の会員権($2)が必要です – 19歳以上のみ

$11.43

2月3日土曜日 | 1:30 PM | Capitol 6(ソールドアウト)
2月8日木曜日 | 9:15 PM | Capitol 6

「萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女をヒロインに迎えて描いたラブストーリー。人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く。視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の制作に従事している美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。共演に「日本のいちばん長い日」の神野三鈴、「るろうに剣心」シリーズの小市慢太郎、「龍三と七人の子分たち」の藤竜也。(映画.com)

三度目の殺人 THE THIRD MURDER

監督: 是枝裕和

2017年

上映時間: 124分

映画祭の会員権($2)が必要です – 19歳以上のみ

$11.43

2月9日金曜日 | 6:30 PM | The Vic

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。(映画.com)

 

メアリと魔女の花  MARY AND THE WITCH’S FLOWER

カナダプレミア

監督: メアリと魔女の花

2017年

上映時間: 103分

英語吹き替え

All Ages-映画祭の会員権不要ーパジャマを着て来場するとシリアルがもらえます。

$11.43

2月11日曜日 | 11:00 AM | The Vic

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編第1作となるファンタジーアニメ。イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」を原作に、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの冒険を描く。田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で発見する。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるが、メアリがついたある嘘が大きな事件を引き起こしてしまう。(映画.com)

Oh Lucy!

監督: 平柳敦子

2017年

上映時間: 95分

映画祭の会員権($2)が必要です – 19歳以上のみ

$11.43

2月11日曜日 | 6:30 PM | The Vic

第67回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門(学生部門)で上映された平柳敦子監督による桃井かおり主演の同名短編映画を、寺島しのぶを主演に迎え、平柳監督自身が長編作品として再映画化。近い将来やってくる「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの毎日を送る43歳の独身OL節子。ひょんなことから通うことになった英会話教室の授業で節子は、教室内では金髪のカツラをかぶり「ルーシー」というキャラになりきることを強いられた。アメリカ人講師ジョンによるこの風変わりな授業によって節子の眠っていた感情が解き放たれ、節子はジョンに恋をする。そんな幸せな時間も長くは続かず、ジョンは節子の姪の美花ともに日本を去ってしまう。主人公の節子を寺島が演じ、南果歩、忽那汐里、役所広司らが出演するほか、「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」のジョシュ・ハートネットが参加。(映画.com)

 

すでに完売している回もありますので、興味のある映画は前売り券を購入されることをおすすめします。日本の映画以外にも沢山面白そうな映画を上映していますので、詳細はビクトリア映画祭のサイトをどうぞ。

ビクトリア映画祭で日本の映画を上映

 

毎年2月に開催されるビクトリア映画祭ですが、今年も日本の映画が数本上映されることになっていますのでぜひ観にいってみて下さい。映画祭で上映される邦画は三本、そして邦画ではありませんが日系フィルムメーカーによる作品が一本。また、ビクトリア映画祭が所有している映画館The Vic Theatreにて今週末、アニメが一本上映されますので五本まとめてご紹介します。

Miss Hokusai (百日紅)

葛飾北斎の三女、お栄を中心に描かれる絵師の生活とまたそれを取り囲む人々の物語。原作は杉浦日向子の漫画ですが、2015年にアニメ化されました。

今週末、ダウンタウンのThe Vic Theatreで上映されます。

2017年1月6日(金)7:00pm

2017年1月7日(土) 4:00pm

2017年1月8日(日) 7:00pm

チケット $11 +ビクトリア映画祭の会費($2+GST、8月まで有効)

※注:19歳以上のみ入場可能です。

これ以下の作品は全てビクトリア映画祭での上映です。

ビクトリア映画祭の会費($2 + GST)が必要ですのでご了承下さい。会費は一度払えば8月まで有効です。

After the Storm (海よりもまだ深く)

「そして父になる」や「海街diary」など多くの名作を送り出してきた是枝裕和監督作品。阿部寛主演、そして是枝作品ではレギュラーの樹木希林、リリー・フランキーも出演しています。団地を舞台に、売れない小説家の主人公と、団地に一人住まいのその母親、別れた元妻とその息子。こんなはずじゃなかったと今を生きる家族を映したストーリー。(Wikipedia)


2016年 ドラマ 117分

2017年 2月 10日(金) 9:00pm The Vic Theatre

チケット $10.48

Suffering of Ninko (仁光の受難)

無名監督によるインディ映画なのに何故かバンクーバー映画祭ではソールドアウトし追加上演までされたという「仁光の受難」。庭月野議啓(にわつきの のりひろ)監督が 4 年の歳月をかけて作りあげた自主制作時代劇で、修行に努めたいのにとにかくモテまくってしまうことが悩みという僧侶(辻岡正人)を描いたコメディかつ怪談物語だとか。ビクトリアにもついにやってきます。楽しみ。

2016年 ドラマ 70分

2017年2月3日(金) 9:15pm  Capitol 6

2017年2月9日(木)9:45pm  Odeon 5

チケット $10.48

 

Tatara Samurai (たたら侍)

モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門で最優秀芸術賞作品を受賞した「たたら侍」
日本では2017年5月まで公開されないとのことで、カナダで一足先に見れるのも嬉しいですね。
EXILE HIROの映画初プロデュース作品だそう。戦国時代の奥出雲の村で伝統の継承を背負った青年が、様々な葛藤を経て真の武士へと成長していく姿を描き出した作品だそうです。

2016年 ドラマ・時代劇 135分

2017年2月4日(土) 9:00  The Vic Theatre

2017年2月12日(日)9:15pm  Silvercity

チケット $10.48

Mixed Match

そして、日本の映画ではありませんが、日系のフィルムメーカー、Jeff Chiba Stearns氏によるドキュメンタリー、Mixed Matchも是非観て頂きたいです。骨髄移植に関するドキュメンタリーですが、ハーフ等、いわゆる「Mixed」、混血の人になると適応するドナーを探すのがものすごく難しいそう。カナダは移民が多く「移民のモザイク」とよく言われますが、混血の人達が増えるほど、正確にマッチするドナーを探すことが困難になっていくようですね。ぜひできるだけ多くの方にドナー登録をして頂きたい物です。

ジェフさんは、数年前にもビクトリア映画祭にいわゆるハーフの子供達をテーマにしたOne Big Hapa Familyという映画で参加されていました。私もとても好きな映画です。前回と同じく、今回もアニメーションをふんだんに使った感動的な作品なようで、とても楽しみです。

2016年 ドキュメンタリー・アニメーション 96分

2017年2月3日(金) 6:30pm Capitol 6

2017年2月5日(日) 6:30pm Capitol 6

チケット $10.48

なかなか観れない日本の作品、この機会に是非チェックして下さいね。

ビクトリア映画祭で日本の映画を観よう

ビクトリアで毎年この時期になると行われるビクトリア映画祭。世界中から150以上の映画があつまるこのイベントも今年で22回目になります。

ビクトリア映画祭では日本の映画が最低一つは上映されるので、日本の映画を大スクリーンで観ることを毎年楽しみにしています。

2011年には「南極料理人」、そして去年2015年は「そして父になる」が上映されましたが、今年は3つの日本に関する作品が上映されます。しかし、何故か!3つの作品が全て同じ日に上映されるのです。。

Our Little Sister/海街diary

umimachi

監督:是枝 裕和
日本
2014 • 128 分•Drama

2月13日土曜日 6:30 pm Odeon Theatre #2

「そして父になる」の是枝監督が吉田秋生の漫画「海街diary」を映画化。湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。。。

Lost and Found

Lost-_-Found

監督: John Choi, Nicolina Lanni
カナダ
2014 • 82分•ドキュメンタリー

2月10日木曜日 7:00 pm  Starlight Cinema, Sidney 
2月13日土曜日 6:00 pm  The Vic Theatre

2011年の東日本大震災のあと、沢山のがれきが太平洋北西部に流れ着きました。カナダとアメリカで、流れ着いたものの持ち主を探そうとする人達のドキュメンタリー。唯一2回上映がある作品で、2月10日にはシドニーの映画館で上映されます。

Empire of Corpses/屍者の帝国

監督: Ryotaro Makihara
日本
2015 • 120分•アニメ

2月13日土曜日 7:00pm   Parkside Resort & Spa

『ハル』などの牧原亮太郎が監督を務め、『進撃の巨人』シリーズなどを手掛けたWIT STUDIOがアニメーション制作を担当。19世紀末のロンドンでは死体蘇生技術が飛躍的に進歩し、すでに亡くなった人々を労働力として有効活用していた。優秀な医学生のジョンは、内密にイギリス政府が運営するウォルシンガム機関から召集がかかり、ある秘密の任務を請け負う。彼は伝説の書物であるヴィクターの手記を求め、唯一の手掛かりと思われるアフガニスタン奥地へと向かう。。。

日本の映画が大スクリーンで見れるチャンス。是非お出かけ下さい。

詳細は Victoria Film Festival のサイトをご覧下さい、