ビクトリアの賃貸市場

ビクトリアでシェアハウスやルームレンタルを探している生徒さんからよくお問い合わせを頂きます。学校やお友達を通して、またはオンラインの掲示板やクラシファイドのサイトをみて物件を探しているものの、なかなか見つからないというご意見を多くいただきます。

実は、ビクトリアはここ数年続く賃貸市場の白熱化で、(不動産市場もそうですが)賃貸物件を探すことが非常に難しくなっています。ビクトリアの賃貸の空室率は2016年12月時点で0.5%、つまり、限りなく満室に近いということです。

1年中比較的温暖な気候で、「アイランド」であることから、ビクトリアは島外から引っ越して来る人が後を絶ちません。現実的には土地の量には限りがありますから、現在の時点では、住宅の数が住民の数に追いつかないのですね。ラングフォードやコルウッド、スークなどの「Western Communities」では新興住宅地がどんどんできていて家賃も比較的安めですが、大学や語学学校はビクトリアにあるので、バスでは30分以上かかり、朝の夕方にはラッシュアワーで渋滞するので、毎日通うのは大変です。

実は私も、私事ですが、長年お世話になっていた大家さんが、ご主人が亡くなったことを機に、私が住んでいたスペース(ヘリテッジハウスの1階部分)に移りたいとのことで、立ち退きさせられました。去年の12月1日が退去日で、3ヶ月前から猶予をもらっていたにも関わらず、条件にあう物件は見つかりませんでした。競争が激しすぎるのです。

Craigslistなどのサイトは毎日見ていましたし、新しい物件が掲載されるとすぐに見学したい旨連絡しましたが、それでもほとんどの大家さんが「100件以上のメールが来た」と仰っていました。借りたい人が多く、物件が少ない貸し手市場ですので、家賃もどんどんあがっていきますし、安定した仕事と以前の大家さんからの推薦などがある人が断然有利です。中には、提示された家賃よりも高く払う、というオファーをする人もいたそうです。

また、クラシファイドのサイトでは詐欺投稿も多く目にしました。どう考えても家賃が平均よりも安い、あまりにも話がうますぎるという場合はまず間違いなく詐欺です。弊社ではこの詐欺にひっかかって、1000ドル送金してしまった方がいました。そのお金は戻って来ません。。。簡単に送金しないよう気をつけて下さい。私もこの半年間の部屋探しの間に6-7件の詐欺の投稿を見ました。問い合わせをして、大家さんからの返事を見るとすぐに詐欺だと分かるので無視してメールは削除していましたが、気になる場合は連絡下さい。詐欺投稿を見つけたらサイトで通報することもできます。

結局、私達一家は、3ヶ月の一時的滞在を経て、この3月から無事に引っ越すことができましたが、やはり大変でした。

このような普通ではない賃貸市場に、英語もままならない留学生やワーホリの方が参入して、すぐに物件を見つけるのは一般のカナダ人以上に困難でしょう。とくに仕事をしていない留学生ですと、収入を証明できませんので、競争に負けてしまうようです。

一般のレンタルよりみつけやすいのが、部屋が空いている人達がその部屋だけを貸すルームレンタル、またはホームステイでしょう。ルームレンタルですとキッチンやその他の部屋は共有で料理は自分ですることになりますが、ホームステイの場合は食事もついてきます。

一般の賃貸の場合は契約書にサインしたり、ダメージデポジットと言って家賃の半分を契約時に払ったりしなければいけませんし、身元確認のためのリファレンス(以前の大家さんや職場の上司など)を要求され、きちんとした人かどうか確認されますが、ホームステイやルームレンタルだとこのような手続きやダメージデポジットがないので、物件を見つけるのは意外と簡単だったりします。弊社に登録しているホストファミリーはすべて犯罪歴をチェックしていますし、きちんとお宅訪問をしている所ばかりですのでご安心下さい。

ホームステイのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

Leave A Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *