Category Archives: イベント

2018年ビクトリア映画祭で観れる日本の映画

毎年お知らせしていますが、今年もビクトリア映画祭が2月2日から11日まで開催されます。毎年楽しみなのが、レアな日本の映画が観れること。今年は4本上映されます。早速、今年のビクトリア映画祭で上映される日本の映画をご紹介します。 光 Radiance BC プレミア 監督: 河瀬直美 2017年 上映時間: 101分 映画祭の会員権($2)が必要です – 19歳以上のみ $11.43 2月3日土曜日 | 1:30 PM | Capitol 6(ソールドアウト) 2月8日木曜日 | 9:15 PM | Capitol 6 「萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女をヒロインに迎えて描いたラブストーリー。人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く。視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の制作に従事している美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。共演に「日本のいちばん長い日」の神野三鈴、「るろうに剣心」シリーズの小市慢太郎、「龍三と七人の子分たち」の藤竜也。(映画.com) 三度目の殺人 THE THIRD MURDER 監督: 是枝裕和 2017年 上映時間: 124分 映画祭の会員権($2)が必要です – 19歳以上のみ $11.43 2月9日金曜日 | 6:30 PM | The Vic 「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。(映画.com)   メアリと魔女の花  MARY AND THE WITCH’S FLOWER カナダプレミア 監督: メアリと魔女の花 2017年 上映時間: 103分

Read More

日本の映画がビクトリアで見れる!

ビクトリアで日本の映画を観れる貴重な機会が9月に集まっていますのでお知らせしますね。 この世界の片隅に 日本でも大ヒットしたアニメが、ようやくビクトリアにもやって来ます! アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞などを含む 38もの様々な賞を受賞。昭和19年(1944年)に広島の呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描く感動作です。 監督:片渕須直 公開: 2016年 上映時間: 129 分 日本語+英語字幕付き The Vic Theatre (808 Douglas Street) 9月8日金曜日 7:00pm 9月 9日土曜日  4:00pm 9月 10日日曜日 7:00pm チケットはこちらからどうぞ 百日紅 〜Miss HOKUSAI〜 Trailer :https://youtu.be/3nj1rwo_d-s 浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。 雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら 絵師としての人生を謳歌している。今日も江戸は、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。 恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。 そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。 これは私はすでに観ましたが、とっても良かったのでおすすめです。 ビクトリア大学で無料で公開されていますが、席に限りがあるようなのでメールで予約して下さい。(日本語でOK) 監督:原恵一 公開: 2015年 上映時間:  93分 日本語+英語字幕付き Fine Arts Building Room 103, University of Victoria 9月14日木曜日  7:30pm

Read More

ビクトリア映画祭で日本の映画を上映

  毎年2月に開催されるビクトリア映画祭ですが、今年も日本の映画が数本上映されることになっていますのでぜひ観にいってみて下さい。映画祭で上映される邦画は三本、そして邦画ではありませんが日系フィルムメーカーによる作品が一本。また、ビクトリア映画祭が所有している映画館The Vic Theatreにて今週末、アニメが一本上映されますので五本まとめてご紹介します。 Miss Hokusai (百日紅) 葛飾北斎の三女、お栄を中心に描かれる絵師の生活とまたそれを取り囲む人々の物語。原作は杉浦日向子の漫画ですが、2015年にアニメ化されました。 今週末、ダウンタウンのThe Vic Theatreで上映されます。 2017年1月6日(金)7:00pm 2017年1月7日(土) 4:00pm 2017年1月8日(日) 7:00pm チケット $11 +ビクトリア映画祭の会費($2+GST、8月まで有効) ※注:19歳以上のみ入場可能です。 これ以下の作品は全てビクトリア映画祭での上映です。 ビクトリア映画祭の会費($2 + GST)が必要ですのでご了承下さい。会費は一度払えば8月まで有効です。 After the Storm (海よりもまだ深く) 「そして父になる」や「海街diary」など多くの名作を送り出してきた是枝裕和監督作品。阿部寛主演、そして是枝作品ではレギュラーの樹木希林、リリー・フランキーも出演しています。団地を舞台に、売れない小説家の主人公と、団地に一人住まいのその母親、別れた元妻とその息子。こんなはずじゃなかったと今を生きる家族を映したストーリー。(Wikipedia) 2016年 ドラマ 117分 2017年 2月 10日(金) 9:00pm The Vic Theatre チケット $10.48 Suffering of Ninko (仁光の受難) 無名監督によるインディ映画なのに何故かバンクーバー映画祭ではソールドアウトし追加上演までされたという「仁光の受難」。庭月野議啓(にわつきの のりひろ)監督が 4 年の歳月をかけて作りあげた自主制作時代劇で、修行に努めたいのにとにかくモテまくってしまうことが悩みという僧侶(辻岡正人)を描いたコメディかつ怪談物語だとか。ビクトリアにもついにやってきます。楽しみ。 2016年 ドラマ 70分 2017年2月3日(金) 9:15pm  Capitol 6 2017年2月9日(木)9:45pm  Odeon 5 チケット $10.48   Tatara Samurai (たたら侍) モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門で最優秀芸術賞作品を受賞した「たたら侍」 日本では2017年5月まで公開されないとのことで、カナダで一足先に見れるのも嬉しいですね。

Read More

ロイヤルBC博物館の新展示「マンモス:氷河期の巨人たち」

ビクトリアの博物館、Royal BC Museumにて、6月3日の金曜日から新しい展示が始まります。 今回の展示のトピックは、なんとマンモス。ロイヤルBC博物館に行ったことがある方なら誰もが知っている、博物館のマスコットのような存在のマンモス、Woolly君(写真)ですが、Mammoths:Giants of the Ice Age(マンモス:氷河期の巨人たち)と題した今回の展示では、マンモスという今では絶滅した動物について、深ーく学ぶことができます。 展示の最初のセクションでは、マンモスってゾウの祖先なの?(答えはNo)などという基本的な疑問から答えてくれます。マンモス、ゾウ、マストドンという種は5500万年前程度までさかのぼるのだそうです。長い鼻と牙が特徴の長鼻類は3500万年前に北アメリカ大陸に生存していたそうです。このエリアでは様々な長鼻類について学ぶことができます。 うれしいのが、実際に手を触れることができる展示や、楽しみながら学べる展示が多いこと。子供でも理解できるような情報が沢山ありました。 そしてこの展示の目玉はなんといっても2007年にシベリアで発見された約4万年前のマンモス、リューバです。日本では2008年に展示されたことがあるそうですが、今回カナダに来るのは始めて。非常に状態の良い標本で、小さなゾウのような感じでした。4万年前のマンモスを、間近でじっくり見ることができる貴重な機会です。 そしてまた圧巻なのがコロンビアマンモスのレプリカ。2万年前の北アメリカの様子を学べます。 迫力が、すごいです。マンモスだけでなく、氷河期のクマや剣歯虎(けんしこ)という食肉獣も展示されています。 こちらも、実際に手を触れることができる頭蓋骨のレプリカなどが展示されています。 また、当時ヒトはどんな生活をしていたのかがよくわかるこちらのジオラマ。狩りをしている人間が隠れているのを探します。 今回はプレビューのみでしたがぜひオープン後家族を連れて行きたいと思っています。「マンモス:氷河期の巨人たち」は12月31日まで。お見逃しなく。

ビクトリアの観光地を無料・割引で巡れるBe A Tourist In Your Own Home Town

Be A Tourist In Your Own Home Townは、観光客が少なくなる2月に行われるキャンペーンで、$15のパスを購入すると、40以上のビクトリアの観光アトラクションを無料、または割引料金で楽しむことができるというものです。 ビクトリアに住んでいる地元の人はなかなか観光地に足を運ばないと思いますが、年に一度、この機会に利用する人も多いです。留学生やワーホリの方で利用する方も多いです。 パスは$15で、オンラインでも買えますが、Bay Center(ダウンタウンのモール)、ビクトリア観光局インフォセンター(インナーハーバーにある建物です)またはUptownで販売中です。 パスが使える期間は2月25日から28日の4日間。けっこう混みますので前もって計画を立てることをお進めします。 イベントのサイトに行くと、新しい無料または割引アトラクション情報がアップされているようですが、現在発表されている時点で40以上の施設で使え、価値は$500以上とのこと。まだビクトリアの観光をされていない方にはお勧めのキャンペーンです。また、このパスを購入すると、毎月様々な割引特典もあるようです。 無料で入場できる施設:ブッチャートガーデン、ミニチュアワールド、バグ・ズーなどで、このビクトリア3大観光地の入場料が無料になるというだけですでにパス代でもとが取れるところがすごい。もちろんこれ以上にも無料で入場できる施設が沢山あります。 入場料割引:クレイダ−ロック城、ビクトリアアートギャラリーなどの施設を始め、レストラン、スパ、コーヒーショップ。レンタカー、水上飛行機などで割り引きが効きます。 無料、割引で利用できる施設の全リストは、イベントのサイトをご覧下さい。