Category Archives: イベント

今年もビクトリアフリンジフェスティバルが帰って来た!

去年もご紹介しましたが、今年もビクトリア フリンジ フェスティバルが帰ってきました。

今年は去年より少し参加劇団が少ないようですが、300以上のパフォーマンスが11日間にわたって繰り広げられます。地元の小さな劇団から海外の才能あるパフォーマーまで沢山のユニークなお芝居、コメディ、ダンスなどを楽しめるフリンジは、私とオットも毎年楽しみにしているイベントです。

去年に引き続き、日本からの劇団がやってくるので、ご紹介しますね。流山児祥氏率いる、楽塾です。

流山児は、2000年には「狂人教育」にてBest of Fringe Awardを、去年は「花札伝綺」でPick of the Fringe Awardを受賞しています。

楽塾は、小劇場第二世代のリーダー:流山児祥氏が、50歳を前にして、同年代のフツーの人と芝居を作りたいと考えたことに始まり、流山児祥の「演劇で遊ぼう」の声にこたえた5人のグループで1997年4月創立。楽塾の当初のメンバーは芝居 初心者ばかりで、素人のおばさんのお芝居か、と思ったら大間違い。演出家・流山児祥の手により16年間で、世界 のどこにもない、演じる喜びにあふれる超人気中高年劇団として独自の地平を確立している。

というわけで、今回は楽塾初のカナダ公演だそうですが、参加作品はシェイクスピアの「十二夜」です。こちらは楽塾のブログから拝借したあらすじ。

時姫様のお邸はきょうも大騒ぎ。左大臣様の求愛を伝えにやってきた美男子のお小姓をめぐって、かなわぬ恋やら、見当違いの果し合いやら。一方、海岸では双子の妹を想う男とあつい友情を誓う男。あっちも恋、こっちも恋 。恋と冒険の熱いドラマが展開されます。

シェイクスピアの『十二夜』を楽塾☆歌舞伎ミュージカルとして大胆に解体=再構築、オリジナル・ソング&ダンスで描く「世界の何処にもない」のシェイクスピアに、乞ご期待!

ということで、なんだかとっても面白そうです。私たちは去年「花札伝綺」を観て、流山児のファンになったので、今年も期待しています。ビクトリア在住のみなさんは是非観に行ってみて下さい。会場はVenue3のMetro Studioで、8月27日から開始です。
上演時間は:
27日(火) 8:00
28日(水) 7:45
29日(木) 6:00
30日(金) 3:30
31日(土) 12:45
1日(日) 3:15

となっています。日本での東京公演では連日売り切れだったらしいので、早めに会場に向かわれる事をお勧めします!

BCデイ・シンフォニースプラッシュ

ss1

先週末はBCデイという祝日で、ロングウィークエンドでした。
カナダはほぼ毎月ロングウィークエンドがありますが、7月1日のカナダデイ(これは毎年必ず7月1日)と共に、8月の最初の月曜日は祝日で、州によって呼び方が違いますが私の住んでいるブリティッシュコロンビアではBCデイと呼ばれて、夏のロングウィークエンドとして愛されています。

ビクトリアでは、毎年この週末に、ダウンタウンのインナーハーバーで「シンフォニー スプラッシュ」という 無料コンサートが行われます。1日中ダウンタウンでは子どもの為の無料アクティビティなどが行われ、沢山の人で賑わいます。夕方になると、インナーハーバーに特別に設置された水上ステージでビクトリア交響楽団が演奏を始めます。

ss

 

私たちは今年はコンサートには行かなかったのですが、午後にダウンタウンまで歩いていって写真を撮ってきました。

ss2

 

インナーハーバー。水際の遊歩道はCausewayと呼ばれ、露店などが並んでいたり、大道芸人のパフォーマンスの場としても使われます。この日は左手に見える道路も歩行者天国になっていて、沢山の人が歩いていました。水上ステージは、写っていませんが写真の右手にあります。正面に見えるのはBC州議事堂。
 ss3
ビクトリアのランドマーク、エンプレスホテル。この芝生上も普段はけっこうすいているのですが、コンサートの為に席取りをしている人で溢れています。

夏の間は沢山の無料コンサートやイベントが盛りだくさんのビクトリアです。まだまだ楽しいイベントは続くので引き続きレポートしますね。

ビクトリア最大のアートフェスティバル、ペイント・イン


今年も、去年に引き続き、モスストリート ペイント・インに行ってきました。

26年目を迎えたこのイベントは、TD Canada Trustがスポンサーになってからは、正式名称は TD Art Gallery Paint-Inと変わったのですが、ビクトリアンには相変わらずモスストリート ペイント・インとして、ビクトリア最大のアートフェスティバルとして親しまれています。

モスストリートは結構長いのですが、それをほぼ全部通行止めにして、歩行者天国状態にし、180以上のアーティストがブースを出します。もちろんその場で気に入った作品を購入する事も可能です。実際にその場で制作にとりかかるアーティストも沢山居ますし、直接アーティストに質問したりも出来ます。簡単なワークショップをやってくれる人もいます。

モスストリートにあるビクトリアのアートギャラリーではオープンハウスや、ビアガーデンなどもやっていました。

2分ほどのビデオを作りましたので見てみて下さい。

今日はお天気もよく、アートを眺めながらお散歩するには最高でした!

ビクトリア フリンジフェスティバル 日本の劇団も!

フリンジフェスティバルってなんだかご存知ですか? 日本語でいうとオルタナティブ系、またはアングラ?なシアターと言って良いと思います。草の根的な活動をしている小さめのまたは個人の演劇のことですが、今週ビクトリアではビクトリア フリンジフェスティバルが開催中です。

Intrepid Theatreが毎年開催しているこのフリンジフェスティバルですが、世界中から応募してきた劇団やパフォーマーの中から抽選で選び、8月23日から9月2日まで50のライブショーが楽しめます。

フリンジェフェスティバルをやっているのはビクトリアだけではなく、エジンバラ、ニューヨーク、カナダではトロント、エドモントン、バンクーバーでも人気のフェスティバルで、このような各都市のフリンジをツアーしてまわる劇団も少なくないようです。

そんな中、日本からも2つのグループが、ビクトリアまでやってきてくれました。

東京で活動されている疎開サロンのメンバーの一人、浜田あゆみさんは、ビクトリア大学で演劇を勉強されたことのある私の友人ですが、今回、日本からはるばるフリンジの為に戻ってきてくれました。

能の名作である「松風」という作品を現代風にアレンジしたWine In The Pinesという作品ですが、英語字幕付きで日本語で上演されます。

私も昨夜観てきましたが、小道具を工夫していてなかなか面白い演出でした。恋しい人を待ち続ける、というちょっと切ないお話です。

Wind In The Pinesの上演場所は Venue 5 の St. Andrew’s School Gym (1002 Pandora Ave)で時間は

9月1日土曜日 5:45pm

9月2日日曜日 12:00pm

となっています。

もうひとつの日本からのお芝居は流山児の「花札伝奇」です。寺山修司原作の、葬儀屋を舞台にした不思議な不思議な物語。歌(ちょっとカラオケもはいってるかも)あり踊りあり、笑いとブラックジョークは沢山!ビクトリアではまずはお目にかかれない作品なので、絶対に見逃さないようにしてください。

上演場所は Venue 3  Metro Studio( 1411 Quadra)

9 月1日土曜日 8:15pm

9月 2日日曜日 2:00pm & 10:00pm

日本からのお芝居がビクトリアで観れることは滅多にないですし、日本のお芝居、応援したいですね。

ビクトリアマラソン

ビクトリアでは毎年秋にGoodlife Fitness Victoria Marathonというイベントがあります。

フルマラソン、ハーフマラソンの他に、8Kのロードレース、そして1Kの子供むけレースもあり、大変盛り上がります。

私は走るのは苦手なのですが、去年友達8Kに参加しました。半分くらいは歩いたと思います。。今年は、完走することを目標に

少しづつ走っています。興味のある方は是非申し込んでみてください。

上の写真は昨日のダラスロード。クローバーポイントのところで、カイトサーフィンをしている人を見かけました。

そして、帰り道には大きな向日葵。

ビクトリアの短い夏も、もうそろそろ終わりかもしれません。