ルシッドコミュニケーションはカナダ・ビクトリアの留学エージェント、コンサルティング会社です。

2017年 カナダ・ワーキングホリデーの募集開始

2017年のカナダでのワーキングホリデービザに関する詳細が発表されました。2016年から、これまでの「各自でビザ申請→受理」というシステムから「招待制」に変わりましたが、2017年も同じく招待制の2段階システムになっています。 流れとしては、 MyCICアカウント作成→IECプールへの登録→招待を待つ→招待状が届いたら就労許可証(ワーホリビザ)申請→受理 となっています。 2017年のカナダでのワーキングホリデービザの定員数は6500人です。 とりあえず、ワーキングホリデービザのまとめです。 ワーホリビザ(IEC)は: 最大1年間カナダに滞在できる そのうち6ヶ月までは就学が認められている というものです。 ですので、半年以上学校に通う予定の方は、Study Permit(就学ビザ)を取って下さいね。 ワーホリビザ申請の条件 日本の国籍を持っている カナダに滞在期間中、有効な日本のパスポートを所有している 申請書受理の時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません) 過去にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない 最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ20万円) 滞在期間中の障害、疾病をカバーする医療保険に加入すること (カナダ入国の際に保険加入を証明するものを求められる場合があります) 往復航空券、または片道チケットの場合、帰国分のチケット購入を証明する資金証明 カナダへの入国が認められている 家族を同伴しない プログラム参加費($250カナダドル)の支払いができる 以上の条件を満たしている人は早速申請に進みましょう。 早速申請方法を説明しますが、まず覚えておきたいことは、 ワーホリビザ=International Experience Program (IEC)ということです。 厳密にいうと、IECの中にワーキングホリデーや、ヤングプロフェッショナルなど「カナダ国際経験を積む」プログラムがあり、国によってどのプログラムを提供しているかが変わってくるのですが、日本で提供しているIECはワーホリのみです。 それでは早速申請してみましょう。 ワーホリ申請の前にまずはMyCICアカウントが必要 ワーホリビザの申請は全てオンラインで可能ですが、カナダ移民局(CIC)のアカウント、MyCICが必要ですので、まずはそこから始めましょう。 こちらのページからMyCICのアカウントが作成できます。MyCICにサインインする際、カナダの金融機関のアカウントを使ってサインインするSign-in partner(サインインパートナー)を使うか、GCKeyというカナダ政府のログインを使うか聞かれますが、ワーホリ申請をする方のほとんどがカナダの金融機関に口座を持っていないと思うので、GCKeyを使う方が無難です。 “Continue to GC Key” のボタンをクリックして次のページへ。 右の”Sign Up”のボタンをクリックしてアカウントを作成して下さい。 ステップ1:IECへのプールへ登録 MyCICのアカウントができたらログインすると、What would you like to do today? というセクションの下に Apply for: とあり、その下に

Read More

[ビクトリアのおすすめホテル 1] サービスの行き届いたブティックホテル、ホテル・マグノリア

ビクトリアは観光地なので、ホテルも沢山ありますが、今日は私のイチオシのオススメホテルをご紹介します。 ダウンタウンのインナーハーバーから歩いて2分程の場所にある、Tha Magnolia Hotel & Spaです。 ビクトリアのブティックホテル ビクトリアのホテルと言えば、エンプレスやデルタ、マリオットなどがありますが、どれもチェーンですよね。マグノリアはそんな中でも珍しく、チェーンでない、独立したホテルです。 客室数は64室、7階建ての小さめホテルですが、最近改装したのでカーペットや壁紙なども新しく、とてもおしゃれです。 上の写真は最上階にあるダイアモンドルームです。 行き届いたサービス マネージャーのビルさんにお話を伺いましたが、ホテルに宿泊するとやたらと追加料金がかかってくるところがありますが、マグノリアホテルではできるだけ客室料金に含めたい、という方針だそうで、wifiは全室に無料で含まれています。また各部屋にフィルターされたお水、りんごとチョコレートも無料で提供されるのが嬉しい。また、全室にNespressoマシンが設置されています。これは2016年夏現在でバンクーバー島のホテルで唯一のアメニティだとか。朝食は、ホテルのウェブサイトから直接予約をするとこちらも無料でついてきます。 ジムは24時間利用可能です。ビジネスセンターもあります。 ロビーには季節の果物やハーブを使った冷たい飲み物(夏はレモネードなど)とコーヒーが常に無料で提供されているのが嬉しい。ハーブはホテルの屋上で育てているのだとか。スタッフのみなさんのおもてなしが嬉しいです。 こちらは角部屋から見えるインナーハーバーの様子。 またホテル マグノリアでは自転車も無料で貸し出しています。嬉しいのがマグノリアホテル特製「ショッピング」「カフェ巡り」「タパス巡り」などの目的に応じたお薦めスポットの載った地図。良い思い出にもなりますよね。   また、マグノリアにはスパも併設されています。ビクトリアの地元の人にも人気です。リラックスできますよ〜 ホテル内の隣にあるレストランCatalanoでのおすすめは、こちらのニソワーズサラダ。見た目も美しく、美味しいサラダでした。   ビクトリアにお見えになる際はぜひマグノリアホテルに泊まってみて下さい。  

ロイヤルBC博物館の新展示「マンモス:氷河期の巨人たち」

ビクトリアの博物館、Royal BC Museumにて、6月3日の金曜日から新しい展示が始まります。 今回の展示のトピックは、なんとマンモス。ロイヤルBC博物館に行ったことがある方なら誰もが知っている、博物館のマスコットのような存在のマンモス、Woolly君(写真)ですが、Mammoths:Giants of the Ice Age(マンモス:氷河期の巨人たち)と題した今回の展示では、マンモスという今では絶滅した動物について、深ーく学ぶことができます。 展示の最初のセクションでは、マンモスってゾウの祖先なの?(答えはNo)などという基本的な疑問から答えてくれます。マンモス、ゾウ、マストドンという種は5500万年前程度までさかのぼるのだそうです。長い鼻と牙が特徴の長鼻類は3500万年前に北アメリカ大陸に生存していたそうです。このエリアでは様々な長鼻類について学ぶことができます。 うれしいのが、実際に手を触れることができる展示や、楽しみながら学べる展示が多いこと。子供でも理解できるような情報が沢山ありました。 そしてこの展示の目玉はなんといっても2007年にシベリアで発見された約4万年前のマンモス、リューバです。日本では2008年に展示されたことがあるそうですが、今回カナダに来るのは始めて。非常に状態の良い標本で、小さなゾウのような感じでした。4万年前のマンモスを、間近でじっくり見ることができる貴重な機会です。 そしてまた圧巻なのがコロンビアマンモスのレプリカ。2万年前の北アメリカの様子を学べます。 迫力が、すごいです。マンモスだけでなく、氷河期のクマや剣歯虎(けんしこ)という食肉獣も展示されています。 こちらも、実際に手を触れることができる頭蓋骨のレプリカなどが展示されています。 また、当時ヒトはどんな生活をしていたのかがよくわかるこちらのジオラマ。狩りをしている人間が隠れているのを探します。 今回はプレビューのみでしたがぜひオープン後家族を連れて行きたいと思っています。「マンモス:氷河期の巨人たち」は12月31日まで。お見逃しなく。

[閉校しました]栄養と健康に関する英語が学べるプログラム

[この学校は閉校しました] 以前弊社のブログで「カナダでホリスティック栄養士の資格を取るには」という記事を書きましたが、今でもアクセスの非常に多い記事で、栄養や健康に興味のある生徒さんがとても多いことをうかがわせます。 弊社でも何度もご紹介しているスチュワートカレッジで、この6月から、「栄養と健康に関する英語」を学べる特別なコースがスタートします。 栄養と健康について学べる英語コース Language for Nutrition & Healthというこのプログラムは、英語を学ぶだけでなく、学校のすぐそばにあるYMCAの会費が含まれており、スケジュールは以下のようになっています。(クラスは月曜日から金曜日まで) 9:00−11:50 Power English (スチュワートカレッジのフルタイム英語プログラム) 12:00-1:00 YMCAにてヨガ、ピラティス、ズンバ、ベリーフィットなど様々なクラスにドロップインで参加。(提供されるクラスは月によって変化します。ビクトリアのYMCAのサイトでご確認下さい) 1:00-2:00 お昼休み 2:00-4:00 食事、健康、食べ物、栄養、消化など様々なトピックの日替わりのクラスと議論。内容はモジュールによって様々ですが、少しご紹介すると: フィットネスや栄養の専門家によるトーク 砂糖、脂肪、小麦 発がん性物質について 抗酸化食品 ローフードやアーユルベーダ 瞑想やポジティブシンキング 施設、ファーマーズマーケット、農園などの見学(毎週水曜日) 脳の健康 散歩やサイクリング、エクササイズ となっています。 エクササイズの時間が組み込まれていること、そして午後には様々なフィットネスや栄養に関して学べる機会が含まれている、とてもユニークなコースになっています。 将来、栄養士やパーソナルトレーナーなど、健康や栄養に関する職につきたい方 カナダで英語だけでなく、栄養や健康についても学びたい方 英語を学ぶだけでなく、自分自身の栄養や健康に気をつかった生活をしたい方 語学学校以外での体験がしたい方、学校以外で友達を作りたい方 などにおすすめです。 コースは12週間で、4週間単位のモジュールにわかれています。今年最初のクラスは6月6日開始ですのでお申し込みはお早めに。参加資格は18歳以上、英語力は中級以上となっています。 オプショナル:自分自身の健康に気を遣っている方には、特別に、栄養と健康に気を配ってくれるホストファミリー宅にステイすることも可能だそうです。 お申し込み、ご質問等ございましたらいつでもお気軽にメール下さい。 Facebookページでも様々なビクトリアのイベント情報を提供しています。ぜひチェックしてくださいね。

乗馬が体験できるサマーキャンプ

カナダで唯一の乗馬が学べる寄宿学校、クイーン・マーガレット・スクール(QMS)については以前もお知らせしましたが、 最近また学校を 訪問する機会がありましたので最新情報をお知らせします。訪問したのは春休み中だったので学校は静かでしたがおかげでゆっくりと見学することができました。 こちらはキンダガーテンから7年生までが通うジュニアスクール。 ジュニアスクールの図書室。 学校の様子はこちらの短いビデオでもご覧いただけます。 こちらはラーニングセンターという建物。左の写真は、生徒に貸し出しができるタブレットの機械で、このようなカートで各教室に移動し、使っていないあいだはこのようにして充電します。右は明るい校舎内。 カナダで唯一乗馬留学ができる学校として有名なクイーン・マーガレット・スクールですが、この夏、短期乗馬留学をしてみたい生徒さんのために、サマーキャンプも用意されています。QMSでは高校からは女子校ですが、こちらのサマーキャンプは男女の生徒さんに提供されています。すべてのキャンプは月曜日から木曜日 朝9時−4時 までです。 Pony Pals Camps 6歳−13歳向け 初心者から上級者まで、レベルにあったプログラムで安全で楽しい乗馬のレッスン。 2016年6月20日−6月24日 2016年6月27日−6月30日 $450 EQ Equine Rider Levels Camp 11歳−18歳向け Equine Canadaのプログラムに沿った初心者から上級者までレベルにあった安全で楽しい乗馬レッスン。 2016年7月4日−7月8日  $450 Horse Whispering Camp 11−18歳向け 馬とのコミュニケーションを目標としたプログラム。馬の心理学と行動学を学び、エネルギーとボディランゲージがいかに大切かを学びます。(乗馬はありません) 2016年8月8日−8月12日 $450  Vet Camp 11−18歳向け 将来獣医になりたい男女むけのプログラム。馬の生体構造や組織、治療などについて学びます。乗馬はありません。 2016年8月15日−8月19日 $475 注:これらのプログラムには寄宿が含まれていませんので宿泊が別途必要になります。ご相談下さい。 いかがでしょうか、9月からの正規寄宿プログラムにはまだ若干日本人枠に空きがあるようですのでお子さんを留学させたい方はまずはメール(yukari@lucidcommunication.ca)下さい。サマーキャンプのお申し込みが時期が迫ってきておりますのでお早めにどうぞ。