Category Archives: ワーキングホリデー

2017年 カナダ・ワーキングホリデーの募集開始

2017年のカナダでのワーキングホリデービザに関する詳細が発表されました。2016年から、これまでの「各自でビザ申請→受理」というシステムから「招待制」に変わりましたが、2017年も同じく招待制の2段階システムになっています。 流れとしては、 MyCICアカウント作成→IECプールへの登録→招待を待つ→招待状が届いたら就労許可証(ワーホリビザ)申請→受理 となっています。 2017年のカナダでのワーキングホリデービザの定員数は6500人です。 とりあえず、ワーキングホリデービザのまとめです。 ワーホリビザ(IEC)は: 最大1年間カナダに滞在できる そのうち6ヶ月までは就学が認められている というものです。 ですので、半年以上学校に通う予定の方は、Study Permit(就学ビザ)を取って下さいね。 ワーホリビザ申請の条件 日本の国籍を持っている カナダに滞在期間中、有効な日本のパスポートを所有している 申請書受理の時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません) 過去にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない 最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ20万円) 滞在期間中の障害、疾病をカバーする医療保険に加入すること (カナダ入国の際に保険加入を証明するものを求められる場合があります) 往復航空券、または片道チケットの場合、帰国分のチケット購入を証明する資金証明 カナダへの入国が認められている 家族を同伴しない プログラム参加費($250カナダドル)の支払いができる 以上の条件を満たしている人は早速申請に進みましょう。 早速申請方法を説明しますが、まず覚えておきたいことは、 ワーホリビザ=International Experience Program (IEC)ということです。 厳密にいうと、IECの中にワーキングホリデーや、ヤングプロフェッショナルなど「カナダ国際経験を積む」プログラムがあり、国によってどのプログラムを提供しているかが変わってくるのですが、日本で提供しているIECはワーホリのみです。 それでは早速申請してみましょう。 ワーホリ申請の前にまずはMyCICアカウントが必要 ワーホリビザの申請は全てオンラインで可能ですが、カナダ移民局(CIC)のアカウント、MyCICが必要ですので、まずはそこから始めましょう。 こちらのページからMyCICのアカウントが作成できます。MyCICにサインインする際、カナダの金融機関のアカウントを使ってサインインするSign-in partner(サインインパートナー)を使うか、GCKeyというカナダ政府のログインを使うか聞かれますが、ワーホリ申請をする方のほとんどがカナダの金融機関に口座を持っていないと思うので、GCKeyを使う方が無難です。 “Continue to GC Key” のボタンをクリックして次のページへ。 右の”Sign Up”のボタンをクリックしてアカウントを作成して下さい。 ステップ1:IECへのプールへ登録 MyCICのアカウントができたらログインすると、What would you like to do today? というセクションの下に Apply for: とあり、その下に

Read More

2016年度 カナダ・ワーキングホリデービザの受付開始

2016年のカナダのワーホリビザの受付が2015年12月7日から開始されます。 厳密にはワーホリビザ(別名IEC:International Experience Canada)に申し込むためのプールが12月7日に開かれるので、まずはそこに申し込み希望者としてプロフィールを登録しなければいけません。 2016年度の日本からのワーホリ定員はまだ未定です。 Quota: To be announced First round of invitations: To be announced Final round of invitations: To be announced とCICのサイトには書かれています。 ワーキングホリデーの申し込みは、二段階申請制になっています。 ステップ1:IECプロフィールを登録する ステップ2:(招待されたら)ワークパーミット(就労許可証)に申し込む。 まずはワーホリに申し込み資格があるかチェックしてください。申し込み資格は: 参加資格要件:下記の要項条件を満たしていることが申請できる条件です。 日本国籍保持者であること カナダに滞在期間中有効な日本のパスポートを所有していること 申請時点での年齢が18歳以上30歳以下である こと 最低2,500カナダドル相当の資金を有している (約20万円) 滞在期間中医療保険に加入すること が可能である(カナダに入国時に医療保険の証明が必要なことがあります) カナダへの入国が認められていること 往復航空券、もしくは帰国用航空券の購入が可能であると証明できる 家族などの同伴がないこと プログラム費が支払えること 詳細はこちらのCICサイトより確認ください。 以上の条件をクリアしている方は、12月7日からCICサイトにてプロフィール登録ができます。 Come to Canadaというオンラインのツールで質問に答えながらプロフィールを作成し、その後IECプロフィールを作成し、登録します。 IECの登録イコールワーホリ申請、ではないので注意して下さい。 IECの登録をした人達の中から、ランダムに選ばれた人達のもとに、CICから招待状が届くとあります。 招待された人は、そのうえでワークパーミット(就労許可証)の申請と費用の支払いをすることになります。 何かご不明な点がある方は、いつでもお気軽にメール下さい。ワーホリビザの申請のお手伝い、また学生ビザの延長のお手伝いなおも承っております。      

現役ワーホリさんにインタビュー

今日は、ビクトリアに現在ワーキングホリデーで滞在されている田中くんのお話を載せたいと思います。 田中くんとは、去年の5月に私が東京に行っていた時に、震災に関するボランティアをさせていただいている助けあいジャパンを通じて知り合いました。懇親会で始めて会ったのですが、その時に、彼がちょうどカナダへのワーホリを考えているとのことで、是非カナダに来たら連絡取りましょうと約束しました。 その後無事にカナダ入りされて、今ではしっかり周りに溶け込んでカナダ生活を楽しんでいるようです。 それでは早速質問してみましょう。 1:いつカナダに来ましたか?どの街に滞在しましたか? 2011年8月末にカナダに来ました。 最初はパウエルリバーに1ヶ月、語学留学しました。 その後ビクトリアへ。   2:カナダ、そしてビクトリアをワーホリの目的地に選んだのはどうしてですか? カナダを選んだ理由としては、日本以外の先進国が今後どのように歩んでいこうとしているのかを、この目で見たかったからです。 他には英語でコミュニケーションを取りたいので英語圏、あとは各国のアクセントや国民性など、自分が学びたい環境を調べて決めました。   都会すぎず、田舎すぎず。自然が沢山あり、交通の便も悪くない。 そんなビクトリアへ来たのはゆかりさんの情報が大きかったです。 いくらインターネットで調べたりちょっと街を訪れても、 現地に10年以上住んでいる方の生の声には及びません。   3:ビクトリアの印象を教えてください。(天候、人など。。) カナダというと極寒なイメージがあるかと思います。 しかしビクトリアは冬でも氷点下には滅多にならず、夏も蒸し暑くありません。 冬は弱い雨がよく降りますが、期間は短く、それ以外はカラッと晴れて過ごしやすいです。 街の綺麗さも相まって、散歩や運動している人たちをよく見かけます。   私も含めて気にされる方が多いと思われる人々ですが、 フレンドリーで明るいという印象が第一にありました。 外国人として特別扱いせず、仲間として一緒に時間を共有できます。 移民が多く、色々な方と接することができるので、 自分の行動次第でどういう人達と過ごすかが決まります。   4:ホームステイはどうでしたか? まだ不慣れな海外生活、それを多くの面で支えてもらえました。 オススメの買い出し先や、レストラン、隠れたスポットなどの情報が満載です。 空いた時間にはその日の出来事はもちろん、 カナダの歴史や変化、人生観など沢山の会話ができました。 今は仕事の都合でシェアハウスへ移っていますが、 第二の家族として接してくれるホームステイは貴重な経験でした。   5:これからワーホリをされる方へ何かアドバイスはありますか? 偉そうなことは言えませんが、「英語を勉強しましょう!」これが身を持って経験した全てです。 その他の悩みはとにかく行動することで解決できると思いますし、 それが唯一の解決策であって、悩みすぎるのは時間がもったいないと思います。 1年という限られた期間、後で悔いのないよう、 周囲に流されず主体的に過ごすことをオススメします。   6.ホームページかブログがあれば教えてください。 月に1回の更新ですが、カナダでの生活をまとめたブログです。 http://atbon.blogspot.com/     ありがとうございます! ボランティアという偶然がきっかけでビクトリアでつながることができたご縁に感謝!今度は一緒に飲みに行く約束をしました。参加したい方連絡下さいね。これからもよろしくお願いします。