ルシッドコミュニケーションはカナダ・ビクトリアの留学エージェント、コンサルティング会社です。

カナダのコーチングスクールで世界レベルのコーチと交流

 

先日は、日本のスポーツ振興センターのみなさんが、ビクトリアにあるカナダスポーツ研究所(Canadian Sports Institute)で開催された国際コーチングスクールに参加するためカナダにお見えになり、通訳をさせて頂きました。

カナダスポーツ研究所(CSI)は、世界クラスのオリンピックそしてパラリンピックのアスリートのためのトレーニング機関で、トップアスリートしか利用できないジム(一般の人用には別のジムがあります)や特別なリカバリー室があるほか、栄養士や理学療法士などのアドバイスも受けられます。また実験室もあり様々なスポーツや選手のデータを取ったり、最新スポーツ用品の開発などにも利用されています。

長期的なアスリートの開発にも力をいれており、オリンピックから引退したアスリートの次のキャリアに関する教育やアドバイスを提供するプログラムなどもあります。実際に、スタッフにはリオ五輪で銀メダルを取ったカナダのアスリートがオフィスで働いていました。

このようなトップアスリート向けのサービスとは別に、コーチや一般のアスリート(主に高校生)向けのプログラムもあり、今回お邪魔したのは国際コーチングスクールというプログラムでした。

いかにして選手のやる気を出させ、安全にそして効率よく結果をださせるかというのがコーチの役目だと思いますが、この国際コーチングスクールではさらに倫理的な問題にどう対処するか、ドーピングを防ぐには、競技力をあげるにはどうするか、パフォーマンスの心理学、ケガの予防と回復など様々なトピックでのクラスが提供されます。参加者はカナダ中から集まったコーチや引退したばかりのアスリートで、今後コーチとして活動を希望するというカナダのオリンピック選手もいました。

スケジュールはかなりタイトで、丸7日間朝から夕方までびっしり詰まっていましたが、様々な講師の方のお話も面白く、グループで話し合って発表したり、ロールプレイをやったり、時にはジムやスタジオで実際に器具を使ってみたり、実技的な部分もありました。集まったコーチのスポーツも、小学生のサッカーのコーチから、ラグビーはもちろんアルペンスキ−、スカッシュ、バスケットボール、フェンシング、テコンドー、車椅子バスケットボールなど様々なスポーツそしてレベル(地域のチームから、オリンピックなどの国際レベルまで)が集まり、非常に興味深い話を聞くこともできました。

国際コーチングスクールでは日本からの参加者も歓迎とのことで、今回私達が参加したグループ以前にも、個人で参加された日本人の方が数名いるようです。

コースを終了すると、終了証書がもらえ、さらに上のレベルに興味のある方には二日間の上級クラスもあります。

次回の開催は来年ですので、興味のある方はお知らせ下さい。

ビクトリアの素敵なひと:ベリーダンサー、星浩江さん

ビクトリアには多くの才能ある人達や面白いこと、人の役に立つことをしている人がいます。

そんな素敵な人達のこのブログで紹介していくことにしました。

記念すべき第一回は、ベリーダンサーの星浩江さん。ながーい黒髪がカッコいいです。

2016年の秋にバンクーバーからビクトリアに引っ越して来られたひろえさんは、Negma(ネジュマ)というステージネームで活躍されるプロのベリーダンサーです。日本、ドバイ、そしてバンクーバーと様々ば場所でベリーダンスを踊り、教えてこられたという浩江さんですが、今回新しい活動の地としてビクトリアを選ばれたそうで、落ち着いた雰囲気が気に入っているとのこと。

バンクーバー在住時にNoor Dance Companyを立ち上げ、ビクトリアに移住後も支店という開校。バンクーバーでの日本人生徒さんの確率は全体の約30−50%と意外と高く、永住者の方、ワーホリの生徒さんで賑わっていたとのこと。クラスは全て英語で進行しますし、カナダ人または、他の国の生徒さんとの交流もクラスの中でたくさんあるので、ワーホリ等の生徒さんにはレクリエーションそして英語の実践になっていたようです。また、ベリーダンスは比較的始めやすいダンスなので、経験のない生徒さんでも気軽に参加できるとのこと。

現在ビクトリアでのレベル1のクラスはQuadra StreetにあるDance Victoriaですでに5月から始まっており、7月18日までだそうですが、ドロップイン($15) でも参加できますので興味のある方はぜひ。

場所:Dance Victoria Vernon Studio  (2750 Quadra St)

日時: 5月27日 (土)  2-3pm

    6月/7月 毎週火曜日 6:30-7:30pm

ドロップイン:$15

また、7月22日にはハフラと呼ばれるダンスパーティも開催されるとか。

場所: Intrepid Theatre Club (1609 Blanshard St.)

日時:7月22日 (土)7:30pm

前売り券:$17、当日$20

チケット購入はこちらからどうぞ

Facebookのイベントページはこちらです。

ビクトリアの素敵なひと紹介シリーズ、今後も続けて行きますのでお楽しみに。

カナダの獣医でインターン&乗馬も可能なファーム滞在

最近では、普通の語学留学ではなく、乗馬栄養士など、プラスアルファを求めてカナダに見える方が増えてきました。

先日、獣医になりたいという生徒さんのために、特別にインターンを受け入れてくれるドクターにお会いしてきました。ビクトリアから車で1時間程度の場所にあるスークという小さな街の獣医さんです。

女性ばかりの獣医さんのいるクリニックで、現在はドイツの留学生をインターンとして受け入れているとのこと。非常に熱心な、腕の良い獣医さんです。とても忙しいドクターですが、本当に獣医になりたいという人なら、できる限り受け入れるようにしたい、と言って下さいました。

年中いつでも毎回受け入れ可能というわけではありませんし、もちろん全て英語環境なので、ある程度英語のできる方におすすめです。興味のある方はまずお問い合わせ下さい。

クリニックのあとは、同じくスークでバケーションレンタルをされている方を訪ねてきました。120エーカーの広大な土地を持つオーナーさんは70年代にこのログキャビンを建てたのだとか。

ゲスト用のお部屋は1ベッドルームですが、キッチン、バスに加え、TV、暖炉もちろんインターネットも利用可能です。窓の外には緑がいっぱいに広がり、散歩用トレイルもあります。外にはBBQも完備。または飲み物を片手に美しい景色を満喫するのも良いでしょう。

宿泊は一泊$120から。詳細についてはお問い合わせ下さい。

このファームには馬もいて、45分単位で乗馬も楽しむことができますが、初心者向けではないのである程度経験のある方に限ります。

オーナーさんはとても素敵な方で、私もぜひ家族でこの夏泊まりにいきたいと思いました。

興味のある方はお気軽にご連絡下さい。

カナダで愛される英雄、テリー・フォックス展

カナダに来てしばらく経つと、必ず耳にする名前が(ティム・ホートンズはさておき)、テリー・フォックスでしょう。

バンクーバー近郊のポート・コキットラムで育ったテリーは、サイモンフレーザー大学在学中に骨肉腫にかかります。

骨肉腫で右足を切断した後、がん研究資金を募るために、1980年4月12日、ニューファウンドランド州セント・ジョンズから「希望のマラソン」(Marathon of Hope)を開始した。鉄のような固い意志で、北アメリカ大陸を横断してバンクーバー島ポートレンフリューを目指し、義足をつけて毎日フルマラソンと同じ42kmを走り続けた。目標は完走と100万ドルの募金を集めることだった。しかし143日目の9月1日5,373kmを走ったところで、癌の肺への転移のためオンタリオ州サンダーベイ付近でマラソンを断念し入院。1981年6月28日、テリーは22歳の若さでこの世を去った。(Wikipedia)

この悲劇のヒーローはその強い意志のためカナダでももっとも有名なヒーローの一人になり、毎年秋には様々な学校でテリーをしのび、癌のために資金を集めるテリー・フォックス・ランが開催されます。カナダ人なら知らない人は居ないというほどに慕われています。

今回ビクトリアのロイヤルBC博物館が、最初にテリーが「希望のマラソン」を始めた日から37周年にあたる2017年4月12日からBC州では初めてのテリー・フォックスにまつわる展示を開始し、10月1日まで開催されています。有名人扱いされることを嫌い、痛みもものともせず走り続けたテリー。

テリーが実際に使用していた義足や靴を始め、「希望のマラソン」を始めるにあたって人々に書いた手紙、日々の記録、実際に使用していたバン、世界中のファンから送られた励ましや感謝の手紙など、胸が熱くなるものばかりが展示されています。

 

涙なしでは観れない展示、お見逃しなく。

詳しくはロイヤルBC博物館のサイトをどうぞ。

ビクトリアの賃貸市場

ビクトリアでシェアハウスやルームレンタルを探している生徒さんからよくお問い合わせを頂きます。学校やお友達を通して、またはオンラインの掲示板やクラシファイドのサイトをみて物件を探しているものの、なかなか見つからないというご意見を多くいただきます。

実は、ビクトリアはここ数年続く賃貸市場の白熱化で、(不動産市場もそうですが)賃貸物件を探すことが非常に難しくなっています。ビクトリアの賃貸の空室率は2016年12月時点で0.5%、つまり、限りなく満室に近いということです。

1年中比較的温暖な気候で、「アイランド」であることから、ビクトリアは島外から引っ越して来る人が後を絶ちません。現実的には土地の量には限りがありますから、現在の時点では、住宅の数が住民の数に追いつかないのですね。ラングフォードやコルウッド、スークなどの「Western Communities」では新興住宅地がどんどんできていて家賃も比較的安めですが、大学や語学学校はビクトリアにあるので、バスでは30分以上かかり、朝の夕方にはラッシュアワーで渋滞するので、毎日通うのは大変です。

実は私も、私事ですが、長年お世話になっていた大家さんが、ご主人が亡くなったことを機に、私が住んでいたスペース(ヘリテッジハウスの1階部分)に移りたいとのことで、立ち退きさせられました。去年の12月1日が退去日で、3ヶ月前から猶予をもらっていたにも関わらず、条件にあう物件は見つかりませんでした。競争が激しすぎるのです。

Craigslistなどのサイトは毎日見ていましたし、新しい物件が掲載されるとすぐに見学したい旨連絡しましたが、それでもほとんどの大家さんが「100件以上のメールが来た」と仰っていました。借りたい人が多く、物件が少ない貸し手市場ですので、家賃もどんどんあがっていきますし、安定した仕事と以前の大家さんからの推薦などがある人が断然有利です。中には、提示された家賃よりも高く払う、というオファーをする人もいたそうです。

また、クラシファイドのサイトでは詐欺投稿も多く目にしました。どう考えても家賃が平均よりも安い、あまりにも話がうますぎるという場合はまず間違いなく詐欺です。弊社ではこの詐欺にひっかかって、1000ドル送金してしまった方がいました。そのお金は戻って来ません。。。簡単に送金しないよう気をつけて下さい。私もこの半年間の部屋探しの間に6-7件の詐欺の投稿を見ました。問い合わせをして、大家さんからの返事を見るとすぐに詐欺だと分かるので無視してメールは削除していましたが、気になる場合は連絡下さい。詐欺投稿を見つけたらサイトで通報することもできます。

結局、私達一家は、3ヶ月の一時的滞在を経て、この3月から無事に引っ越すことができましたが、やはり大変でした。

このような普通ではない賃貸市場に、英語もままならない留学生やワーホリの方が参入して、すぐに物件を見つけるのは一般のカナダ人以上に困難でしょう。とくに仕事をしていない留学生ですと、収入を証明できませんので、競争に負けてしまうようです。

一般のレンタルよりみつけやすいのが、部屋が空いている人達がその部屋だけを貸すルームレンタル、またはホームステイでしょう。ルームレンタルですとキッチンやその他の部屋は共有で料理は自分ですることになりますが、ホームステイの場合は食事もついてきます。

一般の賃貸の場合は契約書にサインしたり、ダメージデポジットと言って家賃の半分を契約時に払ったりしなければいけませんし、身元確認のためのリファレンス(以前の大家さんや職場の上司など)を要求され、きちんとした人かどうか確認されますが、ホームステイやルームレンタルだとこのような手続きやダメージデポジットがないので、物件を見つけるのは意外と簡単だったりします。弊社に登録しているホストファミリーはすべて犯罪歴をチェックしていますし、きちんとお宅訪問をしている所ばかりですのでご安心下さい。

ホームステイのお問い合わせはお気軽にどうぞ。