Category Archives: カナダ

「赤毛のアン」が「ブレイキング・バッド」の脚本家によりTV復活

カナダはもちろん、世界中で愛されている小説、「赤毛のアン」がカナダのTV局CBCにて復活します。 なんと、脚本は2013年に大ヒットしたTVシリーズ「ブレイキング・バッド」の脚本家が担当するそうです。 CBCはカナダ人ルーシー・モード・モンゴメリの小説「赤毛のアン(Anne of Green Gables)」を2017年にTV番組として復活させることを発表。8話制作するそうで、脚本家はAMCの超ヒットシリーズ、「ブレイキング・バッド」の脚本を手がけていたモイラ・ウォリー=ベケット。 CBCの発表によると、この新しいTVシリーズは「グリーン・ゲイブルズ」周辺の人達の原作でのストーリーに沿ってはいるものの、いくつかの「新しい冒険」も織りこむとのことで、脚色された新しいエピソードが見れるようです。 ウォリー=ベケットは「アンが直面する問題は、現在と同じものです。フェミニズム、偏見、いじめそして帰属意識です。(中略)既存の枠を超えて新しい息を吹き込むことを楽しみにしています。」と語っています。 「赤毛のアン」ファンには待ち遠しいですね。

日系カナダ人団体の年次総会へ

この週末は、久しぶりにバンクーバーへ行ってきました。
私は、ビクトリアでビクトリア日系協会という団体の理事の一人としてボランティアしているのですが、この団体は、ほとんどの会員がいわゆる日系カナダ人です。日本の文化を継承し、また日本文化に関する理解を広めるのが目的の団体です。
私は国籍上は100%日本人ですが、カナダに住んで15年以上経っているので見かけは日本人でもかなり中身はカナダ人化しています 🙂

日系文化協会は、全国日系カナダ人協会(NAJC)という団体の会員でもあり、この週末はその年次総会に出席するために代表の付き添いという感じで、行ってきました。

Read More

帰って来ました!

4日間のバタバタの東京訪問でしたが、無事カナダに戻りました。 ANAのバンクーバー羽田路線就航を記念したメディアツアーだったのですが、バンクーバー新報やバンクーバー・サンなどの新聞社の方も参加されていましたよ。 日本語版のレポートもメインのブログにアップする予定ですが、とりあえず英語版の第一弾はこちらにアップしています。 やっぱりANA最高。サービスが半端ないですね。CAさんとも色々お話しできて楽しかったです。 1日だけ自由時間があったので(ほかのメンバーははとバスツアーに行っていましたw)朝からバンバン人に会って来ました。特にランチにはミートアップのような形で沢山の方に集まっていただき感激でした。 ランチの後はカナダ留学に興味のあるママさんたちを中心に集まってお茶も。 やっぱり人に実際にあうということは、エネルギーの交換をすることだなあとしみじみ思った今回の旅でした。 にほんブログ村

リメンバランス・デー

  (Photo credit: striatic) 毎年11月11日はカナダを含む英連邦の国々ではリメンバランス・デーとなり、祝日となっています。(オンタリオ、ノバスコシア、ケベックを除く)第一次世界大戦の戦没者追悼記念日として、毎年各地で慰霊行事が行われます。 特に10月後半頃から、カナダでは胸に赤いポピー(芥子の花)をつけている人を沢山見かけるようになります。これは、日本の赤い羽根募金のように、街頭で募金をするともらえるもので、退役軍人への感謝、貢献、サポートを表し、募金は退役軍人とその家族の為に使われます。 それでは何故ポピーなのでしょうか? ポピーの由来は、オンタリオ州グエルフ出身の軍人、ジョン・マクレーの詩にあります。詩人でもあったマクレーは、ベルギーのフランダース戦地に軍医として滞在していましたが、敵からの攻撃で親しい友人を亡くしたマクレーは、自ら友人を弔い、埋葬地にいっせいに咲き乱れるポピーの花をみて「フランダースの野に」という詩をしたためました。 In Flanders fields the poppies blow Between the crosses, row on row, That mark our place; and in the sky The larks, still bravely singing, fly Scarce heard amid the guns below. We are the Dead. Short days ago We lived, felt dawn, saw sunset glow, Loved

Read More