Tag Archives: 観光

[ビクトリアのおすすめホテル 1] サービスの行き届いたブティックホテル、ホテル・マグノリア

ホテル マグノリア カナダ ビクトリア ダイアモンドルーム

ビクトリアは観光地なので、ホテルも沢山ありますが、今日は私のイチオシのオススメホテルをご紹介します。

ダウンタウンのインナーハーバーから歩いて2分程の場所にある、Tha Magnolia Hotel & Spaです。

ビクトリアのブティックホテル

ビクトリアのホテルと言えば、エンプレスやデルタ、マリオットなどがありますが、どれもチェーンですよね。マグノリアはそんな中でも珍しく、チェーンでない、独立したホテルです。

客室数は64室、7階建ての小さめホテルですが、最近改装したのでカーペットや壁紙なども新しく、とてもおしゃれです。

ホテル マグノリア カナダ ビクトリア カーペット

上の写真は最上階にあるダイアモンドルームです。

行き届いたサービス

マネージャーのビルさんにお話を伺いましたが、ホテルに宿泊するとやたらと追加料金がかかってくるところがありますが、マグノリアホテルではできるだけ客室料金に含めたい、という方針だそうで、wifiは全室に無料で含まれています。また各部屋にフィルターされたお水、りんごとチョコレートも無料で提供されるのが嬉しい。また、全室にNespressoマシンが設置されています。これは2016年夏現在でバンクーバー島のホテルで唯一のアメニティだとか。朝食は、ホテルのウェブサイトから直接予約をするとこちらも無料でついてきます。

おすすめ ホテル マグノリア カナダ ビクトリア ジム

ジムは24時間利用可能です。ビジネスセンターもあります。

ロビーには季節の果物やハーブを使った冷たい飲み物(夏はレモネードなど)とコーヒーが常に無料で提供されているのが嬉しい。ハーブはホテルの屋上で育てているのだとか。スタッフのみなさんのおもてなしが嬉しいです。

おすすめ ホテル マグノリア カナダ ビクトリア インナーハーバー

こちらは角部屋から見えるインナーハーバーの様子。

おすすめ ホテル マグノリア カナダ ビクトリア 自転車

またホテル マグノリアでは自転車も無料で貸し出しています。嬉しいのがマグノリアホテル特製「ショッピング」「カフェ巡り」「タパス巡り」などの目的に応じたお薦めスポットの載った地図。良い思い出にもなりますよね。

おすすめ ホテル マグノリア カナダ ビクトリア 地図

 

また、マグノリアにはスパも併設されています。ビクトリアの地元の人にも人気です。リラックスできますよ〜

Catalano レストラン ビクトリア カナダ

ホテル内の隣にあるレストランCatalanoでのおすすめは、こちらのニソワーズサラダ。見た目も美しく、美味しいサラダでした。

 

ビクトリアにお見えになる際はぜひマグノリアホテルに泊まってみて下さい。

 

[借家紹介]ビクトリア・シドニーの一軒家−賃貸情報

シドニーでの一軒家賃貸情報

ビクトリア シドニー 賃貸 ベッドルーム

ビクトリアから車で30分程度の場所にあるシドニーで、貴重な一軒家のレンタルの情報です。

大家さんが長期で海外に行かれるため、特別に以下の期間のみ貸すことが可能だそうです。ビクトリアに家族で留学またはロングステイをお考えの方に最適です。親子留学されるかたにもお勧めです。

入居可能日:2016年3月8日〜8月8日

家賃:5ヶ月フルで賃貸できる方には月$2500。それより短い滞在をご希望の方には割高になります。(ご相談にのります)

2200スクエアフィート(約61坪)家具付き

ビクトリア シドニー 賃貸 ベッドルーム

4ベッドルーム、2バスルーム

ビクトリア シドニー 賃貸 バスルーム

大きめのオフィススペース又はプレイルーム

ビクトリア シドニー 賃貸 プレイルーム

マスターベッドルームにはウォークインクローゼットあり

ビクトリア シドニー 賃貸 ダイニングルーム

キッチンとバスルームは改築してまもないのでとてもきれいです。メインフロアはフローリングです。

ステンレススチールのキッチン用品と洗濯機・乾燥機付き

ビクトリア シドニー 賃貸 キッチン

角地でフェンス付きの大きな裏庭とデッキがあります。野菜とハーブの畑も!

2台用駐車スペースあり。

ビクトリア シドニー 賃貸 一軒家

シドニーの静かなエリアで公園もすぐ近くにあります。シドニーのウォーターフロントとダウンタウンまで歩ける距離です。シドニーは空港やバンクーバー行きのフェリーターミナルにも近く便利です。

ご家族向けの物件です。家具は全て揃っているのでスーツケースのみで入居可能。

小さなペットならデポジットをお支払い頂ければ考慮します。

お問い合わせはメールでyukari@lucidcommunication.caまでどうぞ。

ブッチャートガーデン

ブッチャートガーデン2013年10月

ブッチャートガーデンといえば、ビクトリアで最も有名な観光地として知られています。ダウンタウンから車で約30分ほどの場所にあるこの庭園ですが、ビクトリアに住んでいる人間としては、「いちど行けば十分」な場所と思われがちですが、、、先日、ブッチャートガーデンで働いている友人のスコットさんに誘われて、久しぶりに遊びに行ってきました。

ブッチャートガーデンは、セメント工場へ供給する石灰岩の採石ビジネスをしていたブッチャート氏の妻、ジェニー・ブッチャートが、採石跡地を美化する為に細々と始めた庭園がはじまりです。彼女の庭園は地元の評判になり、最初は家族や知人だけだったものが、そのうち沢山のゲストが、彼女の庭園を一目見ようと訪れるようになりました。話によるとこのブッチャート夫妻は非常におもてなしの心が広い人達だったようで、夫妻は庭園を見に訪れる全ての人達に紅茶をだすようになり、1915年だけでもなんと1万8000人(!!!)に紅茶を出したのだそうです。ここからブッチャートガーデンでのアフタヌーンティーの伝統が始まりました。

この日は私もアフタヌーンティーを頂いてきましたが、このレストランに使われているのがブッチャート一家が実際に住んでいた家で、ビデオにも写っているブレックファスト・ルームは壁紙から照明からすべて当時のままだそうです。

ティーの後は庭内を散策しましたが、この時期はやはり紅葉が素晴らしく、特に日本庭園は息を飲むような美しさでした。
スコットさんとの散策の様子を写真を交えてビデオにしましたのでご覧下さい。

代々家族経営のブッチャートガーデンは、独自の整水システムを持ち、地元の自治体の水を一切使っていないそうです。植物の世話にものすごく水を使いますので、自治体に負担がかからないようにとの事。肥料などもすべて化学肥料は使わず、リサイクルしたりコンポストしたり、オーガニックの肥料を使っているとのこと。さらにすごいのは、ビクトリアで一番の観光地であるにも関わらず、国や州など政府からは一切援助を受けていないのだそうです。これは、地元の人の税金を使うのは良くないというブッチャート夫妻の方針だそうで、ガイドツアーを提供していなかったり、それぞれの植物の名前が明記されていないのも、これは楽しむための庭園であって、植物園ではない、あくまでこれはブッチャート家の庭園で、沢山の人に庭を楽しんでもらいたいだけなのだという夫妻のおもてなしの気持ちがよく現れていると思います。

もうすぐクリスマスのライトアップが始まるので、ビデオ途中に出てきますが、スタッフがクリスマスライトを取り付けているところもみかけました。ビクトリアに住んでいる人は是非また訪れてみて下さい。スコットさんによると、年間パスを買って毎シーズン写真を撮りに訪れる人が多いのだそうで、確かにそれは何度も来る価値があるなと納得しました。私もまたクリスマスの時期に家族を連れて行きたいです。

ダウンタウンのコンドミニアムレンタル

今日は、ビクトリアのダウンタウンの中心に位置するコンドミニアムをご紹介します。

地元のデザイナーのブティックなどが並ぶビクトリアの中でもひときわお洒落なストリート、LoJo(Lower Johnson)のすぐ近くにあり、買い物にも便利です。中はすべて家具付きで、しかも最上階にあるので、夏などはバルコニーに出てBBQパーティなども楽しめます。

フラットスクリーンTV,DVD, Wifiあり。クイーンサイズのベッドと、もうひとつ折りたたみ式のベッドが小さめの部屋にあります。バスルームは二つ。

洗濯機、乾燥機あり、駐車場も歩いて1分の所にあります。

3日間から1ヶ月以上の長期の滞在までご利用いただけます。

詳しい情報はこちらのサイトをどうぞ。予約のお手伝いも承りますので、何か質問があればお気軽に私のほうまでメール下さい。