Author Archives: Yukari Peerless

日本・2011年5月

5月の11日から2週間日本へ行ってきました。 もともとは3月の春休みを利用して子供達を連れて里帰りする予定だったのですが、地震の為5月に延期。上の子は学校があるし、今回は子供達は置いて、私一人で向かうことになりました。 最初の1週間は実家で家族と過ごしたのですが、2週目は東京に出て行き、1週間滞在しながらいろいろな方々とお会いすることが出来ました。 まずは助け合いジャパンの 皆さんの歓送迎会に急遽参加させていただきました。たまたまツイッターで見た英語ボランティア募集をみかけて、お手伝いさせていただくことになったのです が、初対面とは思えない程とっても盛り上がりました。みなさん、ソーシャルメディアを使って日本の復興を応援しようという熱い気持ちがすごく伝わってきま した。いろいろ語りましたよ! 今回お会いした90%の方はツイッターで知り合った方ばかりでした。そんな、ツイッターで出来た友達の一人が、日本在住のスイス人、シビル伊藤さんです。 彼女は日本にもアメリカにも住んだことがあるので、北米の文化、習慣、震災の話、日本人の国民性、日本経済などなど、とても興味深いお話が出来ました。本当に、お会いできて嬉しかったです。話に夢中になりすぎて、二人で写真を撮れなかったのが残念! さらに、ブログワールドで知り合ったマイク上杉さんとも再会できて嬉しかったです。上杉さんは日本でソーシャルリーダーズという会社もされていて、Kloutのスコアを使って日本のインフルエンサーを集めて、色々なイベントを企画されています。 今回はソーシャルリーダーズの高川さんのご紹介で才式祐久さん、星野有香さん、鈴木拓さんとホットベースというとってもユニークな場所でお会いしてきました!ここ、ヒーリングスペースあり、バーありの、面白い場所です。毎週月曜日はパーティとのことで、知らない人同士もどんどん繋がっていって大いに盛り上がりました。 助け合いジャパンのみなさんにもちょろっとアイデアは伝えたのですが、日本で、北米のソーシャルメディアの最先端を行っているリーダーを呼んでソー シャルメディアカンフェレンスやりましょうよ、とここでも少しお話させていただきました。英語のブログにも書いたのですが、日本はソーシャルメディアの主 流は1年ちょっと遅れているようなので、北米の最先端の情報を伝えられたら面白いのではないかなと私は思っています。 ただ、日本はガラパゴス化の国ですから、今でもすでに日本のソーシャルメディアの文化がどんどん進んでいっていますよね。日本ってすごいアイデアの国なので、それはそれで全然悪くないとは思うんですが、一度、他の国の実情を知っておくのも良いかと。 今、日本にわざわざ来ようとする人も少ないですし、これがちょっとでも復興の支援になったらなあと思うのですが。スポンサー、コラボ興味ある方メール下さい。 そして、カナダに帰国する数日前に立て続けにお会いできたのが、もうオンラインでは10年近く存じ上げて居るのに実際に会うのは初めてという紳士3名。 Windtownさん− もう本当に長いことお鮨についてブログ書かれていて、いつも美味しそう〜と思いながら読ませていただいていましたが、まさかいつかご一緒させていただける 日が来るとは、大げさかも知れませんが夢のようでした。日本でもおそらく一番のお鮨屋さんに連れて行っていただき、ああ思い出すだけで涎がでそう(失 礼)。感激でした。Windotownさんはアメリカ生活も長いので、色々と北米文化の話なども弾みました。帰りには烏杜神社にお参りもして、素敵な夜で した。本当にありがとうございました。 高樹センセ− なんだかんだ言って日記猿人時代?から読ませていただいているファンなので、東京に行くなら是非お会いしたい人の一人でした。銀座のめちゃくちゃ美味しい 居酒屋で「不幸な女」の話で盛り上がったあと、東京に行くなら是非行きたい!と私が思っていたバー High Fiveに。私がビクトリアで仲良くしているバーテンダーが(実は彼はその道では有名な、才能あるバーテンダーなのですが)東京に行くなら是非ハイファイ ブの上野さんに会って来い、というのでお邪魔してきました。 写真はハイファイブの倉上女史作の向日葵というカクテル。また飲みたい! Lestrratさん− とりあえずツイッターのハンドルで載せさせていただきます。猿人、才人で知り合って、今はツイッターとFBで繋がっているのですが、色々東京情報ありがと うございました。おいしいてんぷら食べて、大満足(また食べ物の話。。。)いろいろとまた、私の東京でのカンフェンス案についてアドバイスいただきまし た。「まずは本を書いたら」と言われたのでその件についても考えて見ます。。。むむむ。 みなさん、もう10年近くオンラインで絡んでいると、全然初対面じゃない気がするのが素敵。 会った人全員に言ったことですが、「もっと仕事で日本に行きたい!」というのが夢なので、実現に向けてがんばります。また近いうちに是非是非お会いしましょう。 日本で沢山の素敵な人達にあえて、ほんとに沢山語って、やる気が出てきました。ありがとう! もちろん、カナダにも遊びに来て下さいね。

ダウンタウンのコンドミニアムレンタル

今日は、ビクトリアのダウンタウンの中心に位置するコンドミニアムをご紹介します。 地元のデザイナーのブティックなどが並ぶビクトリアの中でもひときわお洒落なストリート、LoJo(Lower Johnson)のすぐ近くにあり、買い物にも便利です。中はすべて家具付きで、しかも最上階にあるので、夏などはバルコニーに出てBBQパーティなども楽しめます。 フラットスクリーンTV,DVD, Wifiあり。クイーンサイズのベッドと、もうひとつ折りたたみ式のベッドが小さめの部屋にあります。バスルームは二つ。 洗濯機、乾燥機あり、駐車場も歩いて1分の所にあります。 3日間から1ヶ月以上の長期の滞在までご利用いただけます。 詳しい情報はこちらのサイトをどうぞ。予約のお手伝いも承りますので、何か質問があればお気軽に私のほうまでメール下さい。  

日本支援のファンドレージングイベント

日本は大変なことになりましたね。この場をお借りして、犠牲者の方のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災者の方へのお見舞いを申し上げます。 ここビクトリアでも、日本人に限らず沢山の人が、今、何かできることをしたい、と色々な義援金集めのファンドレージングをしています。 先週土曜日は州議事堂の前でろうそくをもってみんなで集まって黙祷して、三味線の演奏を聴きました。 日曜日はお友達の日本人のミュージシャンの方々がお琴とマリンバのコンサートを開きました。沢山人集まっていて、日本人の知り合いも沢山来ていて、やっぱりこういう大変な時に団結してみんなでがんばらないと、、、と思いました。 そして今週末も色々なファンドレイザーが企画されています。   3月25日金曜日:お酒が好きな人。私のセカンドホームとも噂されるClive’s Classic Lounge(Chateau Victoria Hotel)にて、当日は全てのカクテルの売り上げから$2が寄付されます。私もその場で「Support Japan 2011 がんばれ日本」Tシャツ売ります。 場所: Clive’s Classic Lounge(740 Burdett Avenue) 時間: 午後5時から10時   3月26日土曜日 :日系ソサエティ、日本語学校、盛岡友好協会、日本友の会が一緒になってやるコミュニティイベントです。 場所:ヒルサイドモール 時間:11時から3時 折り鶴コーナー、海鳴太鼓、尺八、マリンバ、フルート、ソーラン節、コーラスなどなど、沢山の演し物が用意されています。もちろんTシャツ販売もあります。 ぜひ出かけてみて下さい。 そして、日曜日には私と有志数名でオーガナイズしているHope Love Japanというファンドレージングをやります。 3月27日日曜日 Hope Love Japan 場所: Parkside Victoria (810 Humboldt St.) 時間: 1時から5時 入場料は寄付にて(Suggested donation $20) 茶道のお手前、子供のアクティビティ(折り紙、千羽鶴など)、Silk Road Teaのお茶、サイレントオークション、フォトブース(ビクトリアの有名写真家Véronique da Silva が写真を寄付にて撮ってくれます。「がんばれ」など、日本語のメッセージカードを持ってもらって撮ったらどうかなと思ってます) Tシャツ販売、そしてお琴とマリンバの演奏もあります!他にもまだ計画中。。 当日はラジオ局も来てくれるらしい。。私も慣れない着物を着ます。 Facebookやってる人はイベントページ見て下さい。 プレスリリース   お手伝いできる方是非連絡下さい。特にセットアップと後片付け。。。

Morioka Students Visit City Hall: 盛岡大学の研修生ビクトリア市長訪問

ビクトリアの市長のDean Fortin氏とは日頃から仲良くさせていただいているのですが、今回は盛岡大学の生徒さん達のビクトリア春期海外英語研修のみなさんが市長を訪問される ということで私もお邪魔してきました。日本からのお客様がおみえになる際はよくこのように通訳としてお声がかかります。 ビクトリアは数日前に雪が降り、珍しく20センチほど積もりました。今も雪が沢山残っています。 ビクトリアにしては珍しいことなので、「盛岡の生徒が日本から雪を持ってきた」などというジョークも聞かれました。 ビクトリアのFortin市長は、いつお会いしてもとてもフレンドリーで、生徒さん達とも積極的に会話をしていました。私にもよく「○○は日本語でなんて言うの?」と聞いてくる、熱心な生徒です。:) 研修の詳細については盛岡大学のサイトをご覧下さい。 生徒さんが帰られたあと、市の職員のみなさんと、去年9月の市の盛岡訪問のDVDを見ましたが、とても楽しそうでした。 最後の写真は雪の積もった桜の木。ビクトリアの桜(または梅?)は交配がすすんで日本の桜とは違って1月末に花が咲く種類のものも沢山ありますが、これはダウンタウンのベイセンターの前の桜。雪が積もって寒そうです。 これがビクトリアのこの冬最後の雪になってくれれば良いのですが。。。

Be A Tourist In Your Own Hometown

ビクトリアではこの時期になると毎年恒例のイベント、Be A Tourist In Your Own Hometown が2011年3月2日から6日まで行われます。 これは、名前の通り、自分の街で観光客になってしまおう、というもので、夏と違って比較的暇な観光業界を利用して、色々なビクトリアのアトラクション、レストランを割引料金で利用できる、というものです。 毎年人気があるのはエンプレスホテルのアフタヌーンティーが半額で楽しめるものや、ホエールウォッチングが2For 1料金だったり、Ziplineも割引料金で体験できます。観光客向けのアトラクションが年に一度割引料金で楽しめるので、お得です。 チケットは税金込みで1枚$10.50。4枚まとめて購入すると1枚無料で付いてきますので家族連れにも便利ですね。 チケットはダウンタウンのTourist Visitor Center やThrifty Foods スーパーなどで購入できます。 詳細はこちらのサイトをご覧下さい。 http://www.attractionsvictoria.com/