Tag Archives: ワーホリ

ビクトリア唯一のIELTSテストセンター、Global Village

ビクトリアのダウンタウンにあるGlobal VillageはGVの愛称で親しまれているカナダでも人気の語学学校です。 GVビクトリア校は立地の良さとそのプログラムに定評があります。久しぶりにお邪魔してお話を伺ってきました。 充実したプログラムとアクティビティ 建物の2階部分が今では全てGV ビクトリア校になっています。受付を過ぎて最初に目にはいるのがこのコンピューター達。通常は生徒さんが自由に使えますが、リスニングの授業に使うこともあるそうです。 教室数は20で生徒さんの国籍も様々です。プログラムの内容ですが週20時間から30時間まで選べ、目的にあったクラスを取ることが可能です。4週間単位で入学日が決まっていますが、1〜3週目までなら途中入学も可能です。一般の英語プログラムの他にもIELTSなどのテスト対策コースもあり、大学進学を希望する生徒さんにはパスウェイプログラムもあります。また最近ではシニア向けプログラムもあるとのこと。 放課後のアクティビティも充実しており、アクティビティ担当のスタッフが毎日そして毎週末楽しいアクティビティを用意してくれます。ビール醸造所ツアーやロッククライミング、カヤックなど有料のものもありますが、カンバセーションクラブなど無料のアクティビティも。週末のアクティビティはウィスラーやバンクーバーへの一泊旅行もあります。下の写真はアクティビティ用掲示板。それぞれのアクティビティに各自でサインアップします。 こちらは生徒さんのラウンジエリア。 キッチンエリアには冷蔵庫はもちろん沢山の電子レンジが。ほとんどの生徒さんがホストファミリーまたは自分で作るランチを持参しているそうです。 ビクトリア唯一のIELTSテストセンター またGVビクトリア校はバンクーバー島で唯一のIELTSの公式テストセンターです。最近ではTOEFLよりもIELTSを必要とする大学も増えてきていますし、移民の際にも必要になる英語検定です。GVビクトリアではIELTSに関する無料ワークショップも開催していますので興味のあるかたは是非覗いてみて下さい。 現地エージェント限定キャンペーン 現在GVビクトリアでは現地エージェントを通した生徒さん限定の割引が受けられるキャンペーンを開催しており、授業料割引や、ワーホリの方の場合は申し込み金が無料になったりとお得なものになっています。GVビクトリアにお申し込みをお考えの方はぜひこちらからご連絡下さい。

Global Villageにて現地エージェント限定特別割引キャンペーン

Global Village現地エージェント限定キャンペーン ビクトリアはすっかり初夏、今週は20℃ちかくまで気温があがっています。 ビクトリアのダウンタウン、Broad StreetにあるGlobal Village (グローバルビレッジ)にて、現地エージェントを通された生徒さんのみ利用できるキャンペーンが実施されています。 以下の3つのキャンペーンのうち、ふたつを組み合わせることが可能です。 授業料割引 1週間から11週間のプログラムにお申し込みの方-10%オフ 12週間以上お申し込みの方−15%オフ BEP, IELTS, POWER SPEAKING & EAP コース BEP, IELTS Prep, Power Speaking または EAPに4,8,12週間お申し込みの方に教材費が無料になります。これらのコースに申し込むには一定のレベルが必要になりますのでお問い合わせ下さい。 ワーキングホリデーの方向け割引 申し込み金($150)が割り引きに!(ワーホリビザの提示が必要です) この割引は1週間からの申し込みに使えますのでとてもお得です。 キャンペーンは6月30日までのお申し込みに有効ですのでお早めに。お問い合わせはお気軽にメール下さい。

[学校紹介]ビクトリアで唯一の電子黒板を使った授業 – Embassy CES

7月に入り、気持ちのいい日が続いているビクトリアですが、みなさんはいかがお過ごしですか? ビクトリアでは日中の最高気温が25℃を超えることは滅多に無いので、過ごしやすい夏になります。日本や、さらに暑い国、メキシコなどから来ている人いは寒いと感じることも多いようで、冬物のジャケットを来た生徒さんも時折みかけます。 さて今日はビクトリアの語学学校のご紹介です。 ビクトリアダウンタウンのメインストリート、ダグラスストリート沿いにあるEmbassy CESにお邪魔してきました。 カナダ国内にはトロントとビクトリアの2校がありますが、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、そしてアメリカにも多数キャンパスを持つ学校です。 ビクトリア校はダウンタウン中心にあり、とても便利です。授業中でしたので、勉強している生徒さん達の邪魔をしないようにこっそり写真を撮ってきました。こちらはコンピュータルーム。最近はやはり各自自分のデバイス(ラップトップやiPadなどタブレットなど)を持って来られる生徒さんが断然多いそうです。学校内はWifiが完備されています。 この学校の非常にユニークなところは、電子黒板(インタラクティブ ホワイトボード)を導入しているところです。写真を見ていただければわかると思いますが、巨大なタッチスクリーンのブラウザのようなものを想像していただければと思います。インターネットにも繋がっていますので、このまま別のサイトを見に行ったり、YouTubeに飛んでビデオを見たりなどできます。また授業中にこの電子黒板にて使用された内容は、各生徒さんはオンラインでアクセスできるので、復習や宿題のときにとても便利そうです。 この電子黒板を使って授業している様子を覗かせていただきました。あとでオンラインでアクセスできるので、メモを取る必要がなく、生徒さんはその分授業に集中することができます。また、最近では、パワーポイントなどでのプレゼンの作成なども学べるので大変生徒さんに好評との事でした。 そしてこちらはカフェテリア。放課後のアクティビティの内容などが貼ってあります。夏はキャンプなどに行くそうで、楽しそうですね。 いちばん人気のあるコースはインテンシブ28という、週に28時間のコースだそうです。学校紹介は無料ですので、Embassy CES ビクトリア校に興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。  

交通事故に遭われた日本人ワーホリメーカーさんを偲んで

今週はビクトリアでは悲しい事故が起こりました。ビクトリアでワーホリをされていた27歳の日本人女性が、観光バスに轢かれて亡くなったのです。 被害者の女性は宇都宮市出身の今泉ゆかさんという方でmFort St.にあるレストラン、Cafe Brioでキッチンの手伝いのお仕事をされていたそうで、ビクトリアのあとはモントリオールにいくことを計画されていたそうです。レストランのオーナーや同僚の方によると、いつも笑顔を絶やさない女性だったとか。 新聞の記事では事故の詳しい原因は書かれていませんが、バスの運転手は捜査に協力しているとのこと。 日本からのご家族がビクトリアに到着された際、お友達、レストランのオーナー、日系団体の方などがご家族にお悔やみの言葉を伝えるために集まったそうです。ご家族のご心痛がいかばかりのものか、胸が痛みます。 カナダに大きな夢をもってワーホリに来ていらしたであろう今泉さんのことを思うと、その早すぎる死が悔やまれてなりません。 今泉さんが2011年の冬に通っていらしたVictoria International Academy(VIA)では、レストランで働いていた今泉さんにちなんで、Mustard Seed フードバングに寄付するためのNon-Perishable Food(缶詰や乾物などの日持ちする食品)を受け付けているそうです。(注:2012年8月24日まで受け付けているそうです)詳しくは、直接VIAまでお問い合わせ下さい。 Times Colonistの関連記事はこちらです。 心よりお悔やみを申し上げます。  

無料のコミュニティイベント Quadra Village Day!

あっという間に5月ですね。これから、ビクトリアが一番美しい季節です。 今週はまだ少し肌寒いビクトリアですが、どんどんアウトドアでのイベントの情報が入って来ています。 Quadra St. とHillside Ave.の交差するエリアは最近はQuadra Villageと呼ばれていろいろとユニークなショップなどもできて注目のエリアですが、ここで、今年で10周年を迎えるというQuadra Village Dayが5月12日に開催されます。 朝食が無料で提供されるほか、コンサートや子供のためのアクティビティなど家族揃って楽しめそうな内容です。 5月12日 土曜日 9:30am – 11:00am パンケーキ ブレックファスト と ヘルシースタートブレックファスト(無料) 9:30am – 1:00pm 音楽のパフォーマンス 子供むけのアクティビティは、フェイスペインティング、カーニバルゲームなどのほかにも盛りだくさんのようです。 当日のボランティアも募集しているようですので、詳細はQuadra Village Day のサイトを見てください。